広場恐怖の治療は何が有効?知っておきたい対処法とは

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

パニック障害の症状のひとつに、「広場恐怖」があります。

この文字を見る限りでは、広い場所に対する恐怖心という捉え方ができますが、そうではなく、特定の場所やシチュエーションなどに反応して現れる症状を総称して「広場恐怖」と呼びます。

なぜこのような症状が起こってしまうのか、また治療方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

広場恐怖の症状とは?

以前にパニック発作を起こした場所やシーン、シチュエーションに遭遇すると、またパニック発作を起こすのではないかという予期不安が頭をよぎり、それを回避しようとして取る行動全般を広場恐怖と呼びます。

広場恐怖が起こる場所やシーン、シチュエーションは人それぞれですが、以下のような場所では特に、広場恐怖が起こりやすいと考えられています。

  • バスや電車の車内
  • 飛行機の機内
  • エレベーターの機内
  • 雑踏
  • 地下道
  • 歯科や美容院など、比較的身体を動かしにくい場所

これらの場所にはある共通点があります。それは、すぐに立ち去ることができない場所であるということです。

つまり、逃げたいと感じてもすぐには逃げることができず、なおかつ誰も助けてくれないかもしれないという恐怖心から、広場恐怖が起こりやすくなるということです。

そして、重度の広場恐怖が起こってしまうと、一人では自宅から一歩も出ることできなくなることもあります。

なぜ広場恐怖を引き起こしてしまうのか?

以前にパニック発作を起こした場所、シーン、シチュエーションに遭遇すると、「またパニック発作を起こすかもしれない」という予期不安が高まり、さらに、「ここでパニック発作を起こしたら他人に迷惑をかけてしまう」、「パニック発作で倒れたら恥ずかしい」、「パニック発作を起こしても誰も助けてくれないかもしれない」などの思考が入り混じり、広場恐怖が起こります。

たとえば、満員電車でパニック発作を起こしたことがあるから、電車には乗らない、人混みの中を歩いているときにパニック発作を起こしたから、人混みを極力避ける、人と会っているときにパニック発作を起こしたから、その人とは会わないようにしよう…。

このような回避行動を取るのが、広場恐怖です。

つまり、広場恐怖の元凶となっているのは予期不安であると考えられ、この予期不安さえ起こらなければ、広場恐怖も起こりにくくなるということです。

【関連記事】過度な心配性って病気なの?予期不安の症状って?

SSRIや認知行動療法での治療

以前にパニック発作を起こした経験から、それらの場所やシーン、シチュエーションを避けようとするのが広場恐怖ですから、それらとパニック発作を結びつける思考回路を強制すれば、広場恐怖を改善することができるということになります。

そこで有効とされるのが、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やベンゾジアゼピン系の抗不安薬の投与、そして、認知行動療法です。

まず投薬ですが、特にSSRIを服用し続けていると、徐々にパニック発作に対するこだわりが薄れ、”電車に乗るとパニック発作が起こる”といった思考も薄れはじめます。

そして、パニック障害がやや治りかけたところが行うのが、認知行動療法です。この治療法は広場恐怖を少しずつ解消して行くために行われるもので、実際にパニック発作を起こした場所に行ってみたり、乗り物に乗ってみたりと、患者さんが避けてきたものに対して、無理をすることなく慣れて行くことを目的としています。

そして、この治療法を行っている最中に、電車の中だろうが人混みだろうが、それがパニック発作を起こす原因ではないということが頭の中にインプットされたら、もう占めたものです。

ですが、これをいきなり患者さん一人で行うことは危険ですので、はじめはパートナーやご家族、親しい友人など信頼のおける方と行い、患者さんご自身が”大丈夫かも”と感じたタイミングで、今度は患者さん一人で短時間だけ認知行動療法を行ってみます。

この時間を少しずつ長くして行くことで、やがてはどの場所であって、そのようなシーン、どのようなシチュエーションであっても、心穏やかに過ごすことができるようになるでしょう。

【関連記事】認知行動療法でパニック障害の発作の恐怖を克服する
【関連記事】パニック障害はうつ病の薬で治療?種類や効き目はここでチェック

漢方薬やノニもパニック障害の治療に効果的?

また、こうした治療薬や認知行動療法に加え、効果的とされているのが漢方薬の服用による対策やノニジュースを飲んで精神を安定させることです。

漢方薬には、さまざまな種類があり、症状によって種類も変えなければなりません。なかには、体質と合わず副作用が出る事もあるようなので注意は必要ですが、漢方薬でパニック障害が治まったという声も聞きますので、試してみるのも良いと思います。

ノニジュースに関しては、肝機能に障害がある方は避けた方が良いようですが、容量を守ればどなたでも飲むことができるのでおすすめです。

ノニに含まれるセロトニンという物質が精神安定に働きかけるので、パニック障害に効くと言われています。

自然界にある果物のジュースですし、安全性は高く治療には最適だと個人的には思います。

治療をする上で、自分にとって何が大切か、よく考えた上で方法を選ぶようにしましょう。

【関連記事】ノニジュースでパニック障害克服?副作用を出さずに治す方法とは?
【関連記事】副作用に要注意!パニック障害の治療に漢方が取り入れられる理由

まとめ

  • 広場恐怖が起こる場所やシーン、シチュエーションは人それぞれだが「すぐに立ち去ることができない場所」では特に、広場恐怖が起こりやすいと考えられている。
  • 広場恐怖の元凶となっているのは予期不安であると考えられ、この予期不安さえ起こらなければ、広場恐怖も起こりにくくなるとされている。
  • パニック発作を結びつける思考回路を強制すれば広場恐怖を改善することができるということから、SSRIや抗不安薬の投与、認知行動療法といった治療法が取られる。
  • 治療薬や認知行動療法に加え、効果的とされているのが漢方薬の服用による対策やノニジュースを飲んで精神を安定させることが挙げられる。