周囲の無理解が原因?うつ病を繰り返す原因と再発するきっかけ

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

うつ病は必ず完治させることができる病気ですが、ちょっとしたことがきっかけとなって再発してしまうこともあります。

うつ病の完治までには長期間を必要とすることが多いと考えられていますので、うつ病を繰り返す原因を知って、改善していきましょう。

今回は、繰り返す原因と再発するきっかけについて説明します。

うつ病を繰り返す原因

うつ病を繰り返す原因の中で最も多いといわれているのが、うつ病の改善に対する焦りが裏目に出て、振り出しに戻るというものです。うつ病の発症には必ずなんらかの原因が存在していますが、その原因を除去しないままで治療を続けていると、またその原因となる何らかの状況や人物などに遭遇した場合には、それが引き金となって再発する可能性は十分に考えられます。

うつ病は原因を除去しない限り完治することが難しいと考えられていますので、この部分については医師にしっかりと相談し、医師と二人三脚で治療を行っていくしかありません。

そして、うつ病は改善されたかのように見えても、特に回復期に薬服用を中止してしまったが為に再発してしまうケースもよくあります。再発を繰り返さないためにも、医師の指示に従って気長に治療を行いましょう。

【関連記事】うつ病の再発率は60%!再発の兆候とするべき事とは?
【関連記事】うつ病を発症・悪化させてしまう原因

再発するきっかけとは?

医師からのGOサインが出て、意気揚々と仕事に復帰したとしましょう。そして、ここで注意して頂きたいのが、うつ病で穴を開けてしまった分を取り戻そうと頑張り過ぎてしまうことです。そもそも、仕事熱心で真面目な方がうつ病を発症しやすいと考えられていますので、仕事復帰した際には、ご自身の心と身体に大きな負担がかかりにくい作業から取り掛かるとよいでしょう。

そして、周囲の無理解がうつ病の再発の原因となることもあります。上記の仕事復活の例でたとえるのであれば、うつ病で休職していた方が復職するやいなや、以前と同量か、それ以上の量の仕事を任せてしまうことがあるかもしれません。これがうつ病を患った経験をお持ちの方に、思いもよらぬ重圧をかけてしまうことも少なくはありません。そしてその重圧に押しつぶされそうになると、うつ病を再発することになるのです。

また、ご家族の方も復職した方が気になって、会社での様子を確認したくなるのではないかと思いますが、復職した方を質問攻めにしてしまうと、今度はそれが重圧となって、ご本人は硬く口を閉ざし、うつ病の再発へまっしぐら…ということにもなり兼ねません。

余分なプレッシャーを与えないということも、うつ病を患った方への思いやりです。うつ病は、ほんの些細なことがきっかけとなって再発することがありますので、うつ病の改善に成功したご本人は、「頑張り過ぎないこと」、周囲の方は、患者さんに対して「よけいなプレッシャーを与えないこと」、この部分について十分に注意払う必要があります。

【関連記事】周囲の理解とサポートが重要!うつ病の再発防止策4つ
【関連記事】うつ病がずっと治らないのはなぜ?原因や対処法を解説

まとめ

  • うつ病を繰り返す主な原因は、治療を焦ってしまうこと。医師の指示に従って気長に行う。
  • うつ病の改善に成功したご本人は、「頑張り過ぎないこと」
  • 周囲の方は、患者さんに対して「よけいなプレッシャーを与えないこと」