うつ病はサプリメントで改善できない?!飲む時の注意点とは

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

サプリメントといえば健康増進のイメージがありますが、サプリメントはうつ病の改善にも役立つのでしょうか?

種類や効果、サプリメントの役割とはどういったものなのかもご紹介します。

うつ病に効くサプリメントってどういうもの?

サプリメントは、普段の食事から摂取することのできない成分や、不足する可能性のある成分を補う働きを持っています。そして、うつ病に効くサプリメントの場合では、脳内伝達物質であるセロトニンの元となるトリプトファンという成分が配合されていることが多いようです。

また、総合的な栄養バランスを考え、トリプトファンだけではなく、ビタミン類やミネラル成分を配合したサプリメントもあります。

ただし、間違えてはいけないのが、サプリメントは食品であるため、薬のように劇的なうつ病改善効果を期待することができず、また、効果の現れ方が緩やかであるという特徴を持っています。

【関連記事】セロトニンの分泌量が減るとうつ病に?!セロトニンの増やし方とは?

サプリメントの役割って?

特に年配者の方の場合では、サプリメントと薬を混同して考えてしまう方が存在しているようですが、薬は医薬品であり、サプリメントは栄養補助食品に分類されますので、まったくのベツモノです

サプリメントの役割は、普段の食事だけでは不足する可能性のある成分を、体内に取り入れることにあります。

従って、健康の維持や増進効果を期待することはできますが、病気を治す効果については期待することができません

また、医薬品であれは効能・効果を表示することができますが、健康補助食品に当たるサプリメントの場合では、保健用食品と機能性表示食品のみの表示が可能で、効能・効果については表示することができません。

サプリメントの効果のメカニズムとは

うつ病は強いストレスが原因となって起こることが多いと考えられており、ストレスはセロトニンの分泌を妨げると考えられています。つまり、セロトニンを増やす成分が配合されているサプリメントを摂取することにより、セロトニンが増え、うつ病の改善に役立つ可能性が高くなるということです。

ただし、セロトニンを増やす成分を配合してるサプリメントを摂取したとしても、食事から摂取すべき成分が不足していた場合では、サプリメントの効果は半減してしまいます。

うつ病の改善目的でサプリメントを摂取するのであれば、食事から他の成分をきちんと摂取しましょう

【関連記事】うつ病と食事の関係

うつ病のサプリメントの種類

うつ病改善に効果的な方法は、脳内伝達物質であるセロトニンの分泌を増やすことにありますので、それを促す成分が配合されているサプリメントであれば、うつ病に効くサプリメントであると判断することができます。

セロトニンを増やす成分には、トリプトファン、S-HTP、羅布麻(らふま)、セントジョーンズワートなどがあります。

ご興味のある方は、薬剤師さんなどに直接成分について尋ねてみるとよいでしょう。

【関連記事】ノニに含まれるセロトニンがうつ病を改善?
【関連記事】抗うつ剤に抵抗がある方におすすめ!漢方薬によるうつ病治療と効果

まとめ

  • 脳内伝達物質であるセロトニンの元となるトリプトファンという成分が配合されていることが多い。
  • 健康の維持や増進効果を期待することはできるが、病気を治す効果については期待することができない。
  • セロトニンを増やす成分には、トリプトファン、S-HTP、羅布麻(らふま)、セントジョーンズワートなどがある。