副作用コワイ!うつ病の薬物治療を受ける前に知ってほしいこと

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

なにかとストレスが多い現代社会、その中で生活している私たちの誰にも起こりうる可能性のある病気、それはうつ病です。

以前では、うつ病という病気はある特定の症状に限られていたようですが、現在では既存のうつ病に加え、新型うつ病の症状も、新たにうつ病として認知されるようになりました。

うつ病の原因は実にさまざまですが、その症状を改善するためには、ノニが効果的であるといわれています。

うつ病の治療方法の種類

うつ病の治療方法は、精神療法と薬物療法の2種類に分類されています。

まず精神療法ですが、これは主に、患者さんを担当する医師と患者さんの対話から始まることがほとんどで、カウンセリングもこの療法のひとつとされています。

この療法では、患者さんがうつ病を発症したきっかけを探り、原因であると思われる問題を精神的に改善していきます。

そして、薬物療法があります。この療法は文字通り薬物の投与によってうつ病の諸症状を改善していく方法であり、医師による慎重な薬物の処方が行われます。

薬物治療の効果や副作用とは?

心療内科の多くは、上記でご説明した精神療法と薬物療法の両方を駆使して、患者さんの治療にあたります。

ところが、ここに一つの問題が生じます。それは、薬物投与による副作用の心配があるということ。主な副作用には、ひどい眠気や食欲増進による肥満などがあり、この副作用の現れ方は一人ひとりの患者さんによって差が生じます。

また、薬物は服用後すぐに効果が現れることもあれば、数週間後にゆっくりと効果が現れはじめることもあります。

【関連記事】服用の仕方を間違えると体重が増加?うつ病の薬の副作用は意外とこわい

薬物治療の前にノニジュースで改善

薬物療法は、うつ病改善のためには避けて通ることができないというのが、一般的な見解となっています。

ですが、その前に、ノニジュースを摂取してみるという選択肢も忘れてはなりません。

なぜなら、ノニにはセロトニンという精神を安定させる成分が含まれているからです。

実は、心療内科で処方される薬物の中にも、セロトニンの分泌を調整する成分が配合されているものがあるんです。

つまり、そのような薬物を服用することにより、うつ病改善に近づくと考えることができるわけですが、薬物はあくまでも薬物。薬物の服用は決して健康的とはいえませんし、先が見えないまま薬物に頼っていると、それがまた、うつ病を悪化させる原因になるということも考えられます。

それならばいっそのこと、薬物に頼る前にノニジュースに頼ってみてはいかがでしょうか?

ノ二ジュースの成分には薬物は一切含まれていませんので、効果の現れ方は緩やかかもしれません。ですが、抗うつ剤と同様の副作用が現れる心配はありません

薬物を服用する前に、ノニジュースを摂取してみるという方法があるということも知っておきましょう。

【関連記事】うつ病発症の原因は不明なのにノニジュースが効果的な理由はコレ
【関連記事】うつは心と神経に働きかけて治療!入院の可能性もある人ってどんな人?

まとめ

  • うつ病の治療方法は、精神療法と薬物療法の2種類に分類されている。
  • 薬物投与による副作用には、ひどい眠気や食欲増進による肥満などがあり、この副作用の現れ方は一人ひとりの患者さんによって差が生じる。
  • 薬物を服用する前に、ノニジュースを摂取してみるという方法もある。