睡眠薬と睡眠導入剤は種類が同じ?睡眠導入剤の特長と効果

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

眠れぬ夜が続いて、不眠状態、、こんな時に睡眠の助けとなる睡眠薬。ところで睡眠導入剤とは違うのでしょうか?

睡眠薬と睡眠導入剤はいわば兄弟分のようなものですが、それぞれに異なった特徴を持ち、異なった用途で使用されているんです。

睡眠薬と睡眠導入剤の違いって?

睡眠薬と睡眠導入剤は、どちらも睡眠を促す作用を持っていますので、似たような用途で使用されますが、厳密には微妙な違いがあります。

睡眠導入剤の定義とは?

睡眠導入剤と睡眠薬は、睡眠作用を持つ有効成分によって異なり、睡眠薬が長時間の睡眠効果を得ることができるのに対して、睡眠導入剤は超短時間型で、作用する時間が短いという違いがあります。つまり、睡眠導入剤には即効性を期待することができ、寝つきの悪い方を対象とした薬であるということです。

ただし、この線引きはかなり曖昧なことも多く、医師によってはどちらも同様の作用を持つ睡眠薬として扱うこともあるようです。

【関連記事】一時的に健忘症のような症状が現れる?!睡眠導入剤の副作用とは

睡眠導入剤の特徴

薬の系統としてはベンゾジアゼピン系または非ベンゾジアピン系に属し、睡眠作用だけではなく精神安定作用も、もたらすという特徴を持っています。これらの系統の睡眠薬の中でも、睡眠作用が強い成分を含むものを睡眠導入剤、精神安定作用が強い成分を含むものを抗不安薬(精神安定剤)と呼びます。

【関連記事】睡眠薬の種類による強さの違いと睡眠薬の強さを調節する方法

睡眠導入剤の特徴は、精神安定効果に優れているという点にあり、自律神経失調症による睡眠障害の方に処方されることが多くなっています。

睡眠障害が起こる原因は人それぞれで、単純に生活のリズムの乱れによって体内時計が狂い、それによって起こることもありますが、自律神経失調症や、ストレスや悩みごとなどが原因となって起こることも少なくはありません。

そして、睡眠障害が長引けば長引くほど、今度は眠れないこと自体がストレスとなって、睡眠障害の症状を悪化させてしまうこともあります。睡眠薬や睡眠導入剤は内科でも処方を受けることができますが、内科で処方される睡眠薬や睡眠導入剤は全般的に作用が弱く、重度の睡眠障害となっている方には対応することができない場合もあります。

ただ単に生活のリズムの乱れではなく、心的なストレスなどが災いして眠れなくなっていると感じたのであれば、まずは内科ではなく心療内科で相談してみましょう。心療内科では、内科よりも作用が強い睡眠薬や睡眠導入剤が用意されており、あなたの症状に合わせて医師が慎重に処方してくれるはずです。

眠れないことによるストレスでさらに大きなストレスを抱えてしまわないためにも、早めに心療内科に相談して、適切な睡眠薬または睡眠導入剤の処方を受けましょう。

【関連記事】常用量でも依存に陥る?!当たり前になると怖い睡眠薬依存とは?
【関連記事】睡眠薬には不眠症を治す効果はない?睡眠薬の種類と作用時間

まとめ

  • 睡眠薬は、長時間の睡眠効果。睡眠導入剤は超短時間型で、作用する時間が短い。
  • 睡眠導入剤には即効性を期待することができ、寝つきの悪い方を対象とした薬。
  • 心的なストレスなどが原因の不眠症状は、心療内科で相談を。