うつ病の病院の選び方―科の種類とそれぞれの特徴―

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

もしかするとうつ病?ご自身でそう気がついても、医療機関へ足を運ぶとなるとちょっと勇気が要りますよね?

また、何科で診察を受ければよいのかわからなくて、二の足を踏んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、うつ病の診察を受けることのできる病院をご紹介したいと思います。

何科で診断してもらうの?

まず、一般的な内科ではうつ病の診断は行わないのが通常です。ただし、内科・診療内科となっている場合では、内科の診療科目に加えて、心療内科科目も扱っているということですので、うつ病の診断を受けることができます。

また、脳神経外科の場合では、外科手術をメインに行っていますので、うつ病の診断は行わないのが一般的とされています。そして、神経内科もまた、身体の各器官や筋肉に関する神経性疾患の治療を行う病院ですので、うつ病とは切り離して考えておきましょう。

一般的にうつ病の診断を行うのは、精神科・神経科、心療内科、メンタルヘルス科・メンタルヘルスクリニックとなっています。

それでは、それぞれの特徴をご紹介していくことにしましましょう。

精神科・神経科

精神科または神経科では、ほぼ同様の診断と治療を行いますので、双方の差はほとんどないと考えておいて間違いありません。

精神科や神経科では、うつ病の診断だけではなく、薬物療法や心理療法などでうつ病を改善していくことができます。

また、大学病院や総合病院などの規模の大きな病院では、大抵この科が存在しており、うつ病患者の治療に対応しています。

【関連記事】うつ病の二大治療を解説!医師の判断次第で入院の可能性も?

心療内科

心療内科とは、ストレスから起こる体の不調(心身症など)を改善する目的で存在している科ですが、うつ病の診断や治療も受けることができます。

また、精神科や神経科の場合では、いかにも”精神面における疾病の治療を行う病院”というイメージが強いのではないかと思いますが、心療内科の場合では、精神科や神経科よりもライトなイメージが強く、”ストレスによる心身の不調を改善する病院”と捉える方が大半です。

つまり、精神科や神経科よりも、門をくぐりやすいというメリットがあるということです。

【関連記事】うつ病の原因は大きく3つ!こんな人は気を付けて!

メンタルヘルス科・メンタルクリニック

精神科や神経科、心療内科と同様に、うつ病診断や治療を受けることができる科です。

この科もまた、精神科や神経科よりもライトなイメージがありますので、精神科や神経科という言葉に対して抵抗のある方にとっては、ありがたい存在であるといえるでしょう。

【関連記事】うつ病に効果的なノニジュースの記事はこちら

まとめ

  • 一般的な内科ではうつ病の診断は行わないのが通常だが、内科・診療内科となっている場合では、内科の診療科目に加えて、心療内科科目も扱っているということなので、うつ病の診断を受けることができる。
  • うつ病の診断を行うのは、精神科・神経科、心療内科、メンタルヘルス科・メンタルヘルスクリニック。
  • 脳神経外科や神経内科ではうつ病の診断は行わないのが一般的。