ノニジュースの美味しい飲み方講座~ドブからフルーツ味に?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ノニジュースといえば、「臭いにおいが強くて飲みにくい」

こうした概念が一般的にあり、どうやったらおいしく飲むことができるかと悩んでいる人も多いはずです。

そんな不安を抱えたまま、健康に良いからという理由でノニジュースを試そうとはなかなか思えないですよね。

そのもやもやを解消するためにも、味についてや飲み方をご説明したいと思います。

ノニジュースの味とは?

一時期、テレビのバラエティ番組の罰ゲームに用いられたこともあるノニジュース。

目にしたことがある方もいるかもしれませんが、飲んだタレントさん達の表情を覚えているでしょうか?

罰ゲームで飲んでいたタレントさんたちは、本当に美味しくなさそうで、とても歪んだ表情をしていたのが思い出されます…やらせかと思いきや、実際、それくらい飲みにくいのがノニジュースの特徴なんです。

まずそのニオイですが、腐ったチーズのような、ドリアンのような何とも言えない独特な香りがする為、ニオイだけでダメという方も少なくありません。肝心の味はというと、強いニオイにやられてしまい、味わって飲めないというのが正直な意見です。

しかし、完熟したノニを使用したものであれば臭みはそれほど気にならなくなるようです。

これは朗報ですね!さらにそのノニが、1年以上しっかりと熟成させれたものを使ったジュースであればもっと飲みやすくなります。

ノニジュースを選ぶ際は、しっかりと熟成されているかが味のポイントとなってくるわけですね。

【関連記事】ノニジュースの味は不味い!ドブとも称される味に隠された秘密
【関連記事】だまされてない?ノニジュースの選び方は正しい基準を知ってから

ノニジュースを飲みやすくする方法

「良薬は口に苦し」などと言って、ストレートで飲んでいる方も多いと思いますが、ノニジュース初心者にはストレートではとても飲みにくいものです。

身体には良いのだから、なんとかして飲みやすく、毎日続けられるようにしたいと考える人も多いですよね?

そこで、美味しい飲み方を考案してみました!

  • フルーツジュースと割って飲む
  • 豆乳と混ぜて飲む

ノニジュース 飲み方
きりっと冷やして飲むと、飲みやすいという声もありますが、初めてノニジュースを試す人にはリンゴジュースやオレンジジュースなどの手に入りやすいフルーツジュースと割って飲むことがオススメです。リンゴやオレンジが混ざることで、よりフルーティーな味わいになるので飲みやすくなります。

また、豆乳は乳化されるからか味がマイルドになって飲みやすい感じがします。毎日スプーン大さじ2杯(30ml程度)を1日2回程度と少しずつ飲むものなので、飽きないように工夫して飲むことが一番ですね。

色々自己流でも試していただきたいですが、飲んでいるうちに、ノニジュースの味やニオイにも慣れてくるのでどんどん飲みやすくなると思います。

ノニジュースの栄養分を効果的に体内へ取り入れる方法

サプリメントを飲む場合など、空腹時に飲むと胃からの吸収がされやすく栄養素を取り込みやすくなるといわれています。

ノニジュースも同じく、胃が空っぽの時に取り入れると効果を得られやすいのですが、酸性がとても強いので飲んだ後にむかむかすることがあります。

胃の弱い方は朝食後に飲むのがベストです!

【関連記事】ノニジュースの効能はまさに奇跡!体内を若返らせる秘密とは
【関連記事】ノニジュースを始める前に必読!飲まない方がいい人とその理由

それぞれ自分に合った飲み方、飲むタイミングを見つけて、健康で朝スッキリできるような日々を手に入れましょう!

飲み方イロイロ!ノニジュース

天然素材の物や濃縮されているようなものに関しては、スプーン大さじ2杯程度が一回の量なので、ジュースといっても、ごくごくとたくさん飲まなくてはいけないわけではありません。

ジュース以外にも、ヨーグルトやアイスクリームのような、クリーミーなものと混ぜていただく人もいます。

一番飲みやすいとされているのは、ノニスピリットです。

>>ノニスピリットの公式サイトはこちら

混ぜるものは自分が選んだノニジュースの特性に合わせて決めるのがいいのではないでしょうか。

もしこれから購入を検討している人がいるならば、ぜひランキングも参考にしてみてくださいね。

【関連記事】ランキングで見るノニジュース!人気上位をピックアップ!!

まとめ

  • 飲みにくいのがノニジュースの特徴だが、1年以上熟成されたジュースであれば飲みやすい。
  • 飲み始めたばかりで飲みにくければ、フルーツジュースや豆乳で割るのもおすすめ。
  • 空腹時であれば効果を得られやすいというが、酸性がとても強いため胃の弱い人は朝食後に飲むべし。