うつ病の人への適切な接し方!心境を理解することが第一歩?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

うつ病は、周囲の方々が思っている以上に深刻な病気です。

それにも関わらず、うつ病の人に対して心ない言葉を投げかけたり、責めるような絶し方をする方があとを絶ちません。

どのような病気であっても、ご本人が好きで患ったわけではありませんので、うつ病を患っている方の周囲の方々は、まずはうつ病の方の心境をしっかりと理解し、広い心で受け止めなくてはなりません。

うつ病の人の心境って?

うつ病を患いやすいのは、とにかく真面目で責任感が強い方であると考えられています。それだけに、うつ病になってしまったご本人とすれば、「こんな大切なときにうつ病になってしまうなんて」、「もう少し頑張っていたのであれば、こんな病気にならずにすんだかもしれないのに」というように、自分自身を責める傾向にあります。

そして、このような心境とは裏腹に、心と体がご自身の命令に従って動かなくなってしまったらどうでしょうか?すべてが空回りしていることに対して、またご自身を責める気持ちが強くなってしまうのではないでしょうか?

そのようなときに、周囲の方から心ない言葉を浴びせられてしまおうものなら、ますます症状が悪化することは火を見るより明らかです。

あなたの周囲に、もしや?という人がいるのであれば、まずはあなたがうつ病を理解して、それを態度に示して接してみて下さい。

【関連記事】気付きにくいうつ病のサインは身近にあった!

接し方のポイント

まず、うつ病という病気そのものを、あなたが受け入れてしまうことです。その上で、以下の点に注意を払いながら、うつ病の人に接してみて下さい。

うつ病は、症状が悪化するにつれ、どんどん無気力になって覇気がなくなるという特徴を持っています。それに対し、周囲の方はイライラするかもしれませんが、うつ病を患ってしまったご本人としては、それをどうすることもできません。

このようなときに、イライラして大声で命令口調で話しかけてしまったり、怠け者のように扱ってしまっては絶対にいけません。また、社会に適応することができない状態になっている方に対して、会社や学校への復帰を、無理に促そうとしてはいけません。それはうつ病の方を追い詰めて焦らせるだけで、なんの解決にもならないからです。

そして、うつ病の人に対して最も発してはいけない言葉が「頑張れ」です。

うつ病と闘っている人は、人一倍頑張り屋さんで、頑張ってきたからこそ、身も心も疲れ果ててうつ病を発症してしまっている状態です。

そこでさらに「頑張れ」と追い打ちをかけられたらどうでしょうか?うつ病の人は深く傷つき、あなたと目を合わせることですら、怖くなってしまうことでしょう。

うつ病の人と接する際に大切なことは、まず、病気を理解すること。そして、思いやりを持って気長に接するということです。

【関連記事】うつ病も遺伝する?意外と知らない原因とは?
【関連記事】うつ病による心と体の諸症状―身体にも影響が出る理由解説―

まとめ

  • うつ病を患いやすいのは、とにかく真面目で責任感が強い方であると考えられている。
  • 社会に適応することができない状態になっている方に対して、会社や学校への復帰を、無理に促そうとしてはいけない。
  • うつ病の人に対して最も発してはいけない言葉が「頑張れ」。