不眠症は漢方で改善!不眠以外の諸症状にも効果抜群?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

不眠症の治療がしたい、けれど睡眠薬を使うのが怖い…、という方はいらっしゃいますよね。

実際睡眠薬は即効性があるかわりに、徐々に効かなくなっていったり依存性があるものも存在します。

なので多少時間がかかってもいいから安全な治療をしたいという方には漢方薬をおすすめします。

不眠症治療の現在

不眠治療として最もポピュラーな方法として、睡眠誘導剤または睡眠薬の服用が挙げられます。

これらの薬は、効果の持続時間によって「超短時間型」、「短時間型」、「中時間型」、「長時間型」に分類されています。

なかなか寝つくことができない入眠障害の患者さんに対しては「超短時間型」または「短時間型」の睡眠誘導剤が処方され、寝つくことはできても、いつも早く目が覚めてしまうという方には睡眠薬の「中時間型」または「長時間型」が処方されます。

また、これらの薬は即効性を期待することができるというメリットを持っていますが、長期に及ぶ服用で、徐々に効果が薄れる可能性があるというデメリットも持っています。

また近年では、こうした薬物への依存を避ける目的で、漢方薬で不眠を改善したいと考える方が増えているようです。

【関連記事】薬を使う治療・使わない治療を詳しく解説

不眠症の症状と漢方の効果

それでは、不眠の症状別に対応している漢方薬をご紹介して行くことにします。

入眠障害

三黄寫心湯(さんおうしゃしんとう)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)などが処方されます。

これらの漢方薬は、比較的体力のある方ののぼせやイライラ、不眠の改善効果などを期待することができます。

中途覚醒、早期覚醒、塾眠障害

加味逍遙散(かみしょうようさん)が処方されます。この漢方薬は、どちらかというと虚弱体質で、肩こりや疲労が起こりやすく、精神不安などの症状の緩和に役立ちます。

精神不安などのうつ病を伴う場合

大紫胡湯(だいさいことう)、紫胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)などが処方され、肥満症や高血圧に伴う肩こりや頭痛の緩和、更年期障害や神経症の諸症状の緩和に役立ちます。

場合によっては桂枝加竜牡蛎湯(けいしかりれゅうこつぼれいとう)や紫胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)が処方され、神経過敏症、更年期障害の緩和、不眠症などの緩和に役立ちます。

はっきりとしたうつ症状が現れている上で、不眠の症状が現れている場合では、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)が処方され、不安神経症や神経性胃炎などの改善効果を期待することができます。

不眠の改善に効果的な漢方薬はこの限りではありませんので、漢方薬での不眠治療をお望みの方は、かかりつけの専門医に相談するか、漢方専門店で相談してみるとよいでしょう。

漢方薬には即効性を求めることはできませんが、医薬品と比較した場合には依存性が弱いというメリットを持っています。

【関連記事】どうすればいいの?薬を使わずに不眠症を改善する方法
【関連記事】口コミ読んだ?ノニジュースで不眠症対策+身体回復できる理由
【関連記事】うつ病発症の原因は不明なのにノニジュースが効果的な理由はコレ

まとめ

  • 不眠治療の薬は即効性を期待することができるというメリットを持っているが、長期に及ぶ服用で、徐々に効果が薄れる可能性があるというデメリットも持っている。
  • 不眠の症状別に様々な漢方が処方される。
  • 漢方薬には即効性を求めることはできないが、医薬品と比較した場合には依存性が弱いというメリットを持っている。