薬なしで不眠症は治る!これを読めば今日から快眠間違いなし

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

不眠症はただ眠れないだけだから自分で治せないの?と思う方は意外と多いのではないかと思います。

実際不眠症は生活習慣の乱れや心の在り方の問題なので、改善しようと思えば自分でできることは沢山あります。

今回は、そんな方のために自力で改善しやすくなる方法をご紹介します。

睡眠環境の見直し

私たちの身体は、適度な運動(有酸素運動)を行うことにより、軽い筋肉疲労の状態が起こって良質な睡眠を得やすい状態となります。

普段運動を行う習慣のない方は、週1回でもかまいませんので、ウォーキングなどの有酸素運動を行ってみましょう。

また、あなたが普段休んでいる寝室の近況に問題があると、寝つきが悪くなったり、深い睡眠を得ることができなくなったりすることがありますので、防音や遮光、温度管理に注意した上で布団に入ってみて下さい。

そして、アルコールの摂取。寝る前のアルコール摂取が睡眠に役立つこともありますが、アルコールの摂取が習慣化されると徐々にアルコールの睡眠効果は薄れ、やがて夜中に何度も目を覚ますことが多くなってきます。

アルコールは適度に摂取し、寝る直前はなるべく控えましょう。

最後に、最も多いのが布団に入ってからの考えごとです。脳がリラックスしない限り、良質な睡眠を得ることはできません。

悩みごとなどがあったとしても、寝る直前にはなるべく考えず、力を抜いてリラックスすることが大切です。

寝る直前のパソコンや携帯電話の操作も脳を覚醒させる原因となりますので、布団に入る1時間前になったら、操作をやめましょう。

【関連記事】不眠症の5つの原因とは?辛い夜とお別れする為の秘策とは

眠りにとらわれすぎない意識が大切

不眠が続くにつれ、「どうしても眠らなければ!」という義務感のような意識が大きくなることがあります。

ですが、これは逆効果。「眠らなければ!」というプレッシャーをご自身に与え続ければ、よけいにプレッシャーが大きくなり、不眠症が続く結果となります。

不眠症が長期間続いていたとしても、わざわざ自分を追い込む必要はありません。

「いつかは眠れるんだから大丈夫」と、気持ちを気楽に構え、ご自身にプレッシャーを与えるのをやめましょう。

【関連記事】不眠解消にはツボ押しが効果的?8つのツボで睡眠最適化!

認知行動療法

不眠症が続くと、寝室に行くこと自体が不眠への入り口であると脳が察知し、それがよけいに不眠症を悪化させることがあり、このようなときに効果を発揮するのが「刺激制御療法」です。

また、筋肉の緊張を緩和する「筋弛緩療法」、あえて睡眠時間を減らす「睡眠制御療法」、自身の身体に意識を集中させたり、リラックスさせたりする「自律訓練法」、転居によって体内の筋肉を和らげる「バイオフィードバック法」などもあり、これらを総称して、認知行動療法と呼びます。

これらはご自身1人で行うことが困難な療法ですので、ご興味のある方は、専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】うつ病の人は不眠症に要注意!-うつと不眠の連動について-
【関連記事】口コミ読んだ?ノニジュースで不眠症対策+身体回復できる理由

まとめ

  • 防音や遮光、温度管理に注意した上で布団に入ってみる。
  • アルコールは適度に摂取し、寝る直前はなるべく控える。
  • 寝る直前のパソコンや携帯電話の操作も脳を覚醒させる原因となるため、布団に入る1時間前になったら操作をやめる。