不眠症の方注目!薬を使う治療・使わない治療を詳しく解説

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

不眠を改善したいけどなるべく薬は使いたくない、という方は多くいらっしゃるかと思います。

しかし治療法がどれくらいあるかもわからない状態でそんな希望は言いづらいですよね。

今回はそんな方のために不眠症の治療法をご紹介します。

不眠症の治療とは?

ご自身で行うことができる不眠症の改善策としては、できる限り規則正しい生活を送る、適度な運動で筋肉に疲労を与える、ストレスを回避する工夫を行うなどの方法が挙げられます。

また、冷え症が災いとなって寝つきが悪い場合では、浴槽でゆっくりと身体を温めて布団に入ることによって、不眠症の症状改善効果を期待することができるでしょう。

また、不眠症が長期に渡って続いている場合では、専門医のよる治療が必要となることがあり、これには薬を服用する治療方法と、薬の服用を行わない治療方法があります。

【関連記事】不眠解消にはツボ押しが効果的?8つのツボで睡眠最適化!
【関連記事】口コミ読んだ?ノニジュースで不眠症対策+身体回復できる理由

薬を使わない治療

生活習慣の改善はご自身で行わなければなりません。ですが、それが難しいというのであれば、以下のような治療を受けてみるというのも、不眠症改善のためのひとつの手段です。

【関連記事】薬なしで不眠症は治る!これを読めば今日から快眠間違いなし
【関連記事】不眠症は漢方で改善!不眠以外の諸症状にも効果的抜群?

高照度光療法

2500ルクス以上の光を一定時間照射することにより、睡眠時間帯を矯正しながら不眠症を改善する方法です。

高照度光には体内のリズムの周期を調整する働きがあり、睡眠時間帯のリズムがずれている患者さんに対して行われる治療です。

認知行動療法

脳が覚えている不眠の感覚を矯正するために行う治療で、睡眠に対する誤った考え方の矯正にも役立ちます。

この治療方法は、長期に渡って不眠症に悩まされ続けている患者さんに対して行われる治療方法です。

薬を使う治療

薬の力によって、寝つきを良くし、睡眠の質を変えていくために行われる治療方法で、使用される薬は、以下の3種類に分類されています。

  • 脳の活動を鎮める
  • 睡眠と覚醒のリズムを整える
  • 脳の過剰な覚醒状態を抑える

これらの薬は、患者さんの症状によって使い分けられ、数種類の薬の組み合わせによって、治療が行われることもあります。

このような薬のメリットは、現在起こっている不眠症の症状を短期間(短時間)で改善することが可能であるため、即効性を求める方にとっては、大変ありがたい存在でしょう。

ですが、このような薬を長期間飲み続けているうちに、薬に対する耐性ができあがって、効果が薄れてくるというデメリットもあります。

薬で不眠症を改善したいのであれば、長期間の連続服用を避け、薬を使わない方法も合わせて行って行くとよいでしょう。

また、市販薬はその場しのぎにはなりますが、全般的に効果の現れ方が弱いという特徴を持っていますので、乱用してしまわないよう、注意しなければなりません。

医療機関で処方される薬の場合でも、服用方法を間違えてしまうと健康に支障をきたしてしまう恐れがありますので、医師の指示に従って、正しく服用するよう注意しましょう。

【関連記事】睡眠薬を飲んでも効かない…不眠症が改善されない理由とは?
【関連記事】市販薬と処方薬の睡眠導入剤の副作用と依存による副作用

まとめ

  • 自分で出来る不眠症の改善策としては、できる限り規則正しい生活を送る、適度な運動で筋肉に疲労を与える、ストレスを回避する工夫を行うなどの方法が挙げられる。
  • 薬を使わない治療として「高照度光療法」「認知行動療法」がある。
  • 薬を使う治療のメリットは短期間(短時間)で改善することが可能なこと、薬を長期間飲み続けているうちに薬に対する耐性が出来上がって効果が薄れてくるというデメリットもある。