不妊治療の平均費用と期間―実例ご紹介―

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

できることなら、自然な形で妊娠したい。これは、妊娠を望む女性に限らず、パートナーの身体を思いやる男性であっても、きっと同じ思いでしょう。

ですが、やむを得ずに不妊治療に踏み切らなければならないことだってあります。そこで持ち上がるのが、不妊治療を行うに当たって必要となる費用です。

それでは、不妊治療に必要な費用や期間、そして、不妊治療の効果についてお話したいと思います。

不妊治療の種類と平均的費用・期間について

不妊治療は、おもに一般不妊治療(保険適用)と呼ばれる方法と、高度生殖医療(保険適用外)と呼ばれる方法に分類されています。

そしてそれらの内容は、一般不妊治療では「タイミング法」、「ホルモン療法」、「人工授精」、高度生殖医療法では「体外受精」、「顕微授精」、「凍結胚移植」となっています。

これらの治療法の費用はまちまちですが、一般不妊療法の医療費は下記が目安となります。

  • タイミング法とホルモン療法:
    2,000円~200,000円前後
  • 人工授精:
    10,000円~50,000円前後

一方、高度生殖療法の場合では、130,000円~700,000円前後となっています。

また、場合によっては各自治体からの助成金給付対象となることがありますので、まずは専門医に相談してみるとよいでしょう。

そして、気になるのが治療期間ですね。これには個人差が生じますが、1年~3年以内が、平均的な治療期間となっているようです。

実例・不妊治療にかかった費用や期間

いつまでに妊娠することができるのか?これは、妊娠を望む女性にとっては大問題です。

そこで、実際に不妊治療を行った方の統計を調べてみたところ、早い方では不妊治療開始後9カ月で無事に妊娠成功、3年で妊娠に成功したという例もあります。

また、不妊治療によって必要となる費用にはばらつきがありますが、3年間不妊治療を行った方の例では、3年間で1200,000円超の費用がかかっています。

ただし、不妊治療はひとつの方法だけではなく、数種類の方法を組み合わせて行われることが多いため、この限りではありません。

ノニジュースが注目を集めているってご存じでしたか?

真剣に妊娠を望むからこそ受けるのが不妊治療ですが、その費用は高額な設定となっています。

それはそれでやむを得ないかもしれませんが、実は、ノニが不妊に効果的なのではないか?という期待が高まっているという話があります。

この期待についての真偽は今のところ定かではありませんが、ノ二にはビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれていますので、妊娠に必要な体力づくりには役立つことは間違いないでしょう。

【関連記事】ノニの不妊への効果を検証!守るべき注意点とは?
【関連記事】ノニジュースの効能はまさに奇跡!体内を若返らせる秘密とは

まとめ

  • 治療法の費用はまちまちだが、一般不妊療法の医療費はタイミング法とホルモン療法が2,000円~200,000円前後、人工授精が10,000円~50,000円前後となっている。
  • 不妊治療によって必要となる費用にはばらつきがあるが、3年間不妊治療を行った方の例では、3年間で1200,000円超の費用がかかっている。
  • ノニが不妊に効果的なのではないか?という期待が高まっているという話がある。