薬に頼らず自然療法で改善!不眠症改善のためのアロマ10選

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

私たちの身体には、もともと自然治癒力が備わっており、これを引き出してくれるのが、アロマテラピーの力です。

薬に頼ってしまうのは不安がある、なるべく自然な方法で改善したい、という方におすすめの方法です。

快眠にはアロマテラピーも効果的

自然の植物から抽出したエッセンシャルオイル(精油)を用いて行われるのが、アロマテラピーと呼ばれる自然療法です。

アロマテラピーは嗅覚を刺激する療法で、鼻から体内にとりいれられた香りが鼻神経を刺激し、これが脳の視床下部という部分に伝わると、穏やかなリラックス効果を得ることができます。

また、アロマテラピーは自律神経系統にも働きかけますので、自律神経失調症の改善にも役立ちます。

さらに、エッセンシャルオイルの成分が皮膚から浸透すると、血液によってその成分が全身に運ばれ、身体に起こっているさまざまな不具合の改善に役立ちます。

【関連記事】ノニジュースで不眠症対策!薬に頼らず改善できる理由とは

心地よい眠りのためのおすすめアロマご紹介!

エッセンシャルオイルにはさまざまな種類がありますが、中には嗅覚への刺激が強く伝わり、不眠症の解消には不適切なものもあります

アロマデフューザーやアロマポットがなくても、コットンに1~2滴含ませ、枕元に置くことでも効果を得られます。

それでは、アロマ効果の高い不眠症に適したエッセンシャルオイルをご紹介します。

ゼラニウム

ゼラニウムの葉から抽出されるエッセンシャルオイルで、ローズにややミントを加えたような甘い香りが特徴です。ホルモンバランスを安定させる効果があります。

ラベンダー

ラベンダーの花から抽出される甘い香りで、精神の緊張や不安を和らげる効果が高いとされています。

ネロリ

オレンジビターの花から抽出され、柑橘系の爽やかな香りの中に甘さをプラス、リラックス効果を期待することができます。

イランイラン

エキゾチックな濃厚で甘い香りが特徴です。ショックや恐怖心を取り除く効果を期待することができます。

ベルガモット

ミカン科の植物から抽出されるエッセンシャルオイルで、甘く爽やかな香りが特徴です。沈静作用やリラックス作用を持っています。

マンダリン

バレンシアオレンジのような甘い香りが特徴です。精神の高揚を鎮める効果があります。

ローズウッド

ウッディなすがすがしさの中に、ローズのような甘い香りがプラスされたエッセンシャルオイルで、気持ちが落ち込んでいる時におすすめです。

カモミールローマン

キク科の植物から抽出され、青リンゴに似たフレッシュな香りが特徴です。不安感を取り除く効果に優れています。

オレンジスイート

オレンジの皮から抽出され、ややスパイシーな中に甘さを秘めています。イライラを鎮める効果を期待することができます。

プチグレン

フローラル系の甘い香りが特徴で、ややウッディ系の香りが混じっています。プレッシャーの緩和に役立ちます。

不眠症改善のためにアロマを用いる際の注意点

まず、ラベンダーにはさまざまな種類がありますので、必ず「真性ラベンダー」を選んで下さい。

また、アロマ効果をきちんと得るためには、少なすぎる量のオイルでは逆効果になることがありますので、アロマバスなどの場合では、1回で3~5滴程度を目安に使用します。

そして、喘息をお持ちの方の場合では、鎮静作用のあるオイルはNG、ペットのいるご家庭では、ティーツリー、パインツリー、ペパーミントなどによってペットが中毒を起こすことがありますので、十分な注意が必要です。

【関連記事】不眠症改善にはスローテンポのクラシック音楽!おすすめ楽曲ベスト3
【関連記事】不眠症改善は副交感神経にあり!生活の中で出来る改善方法とは?
【関連記事】不眠症は漢方で改善!不眠以外の諸症状にも効果抜群?

まとめ

  • アロマの香りで嗅覚を刺激することで、脳の視床下部へと届きリラックス効果を得る
  • 香りごとに効能が違うので、自分に合ったものを探してみる
  • ラベンダーの香りを選ぶ際は”真性ラベンダー”を。喘息やペットのいるご家庭は効能に注意すること