快眠のためには環境づくりが重要!不眠症改善8つの対策方法

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

辛い不眠症は、一刻も早く解決してしまいたいもの。

薬に頼らなくても、ちょっとした工夫で快眠を得ることができるのをご存知でしょうか。

今回は、ご自身で行うことが出来る不眠症対策をご紹介します。

不眠症の8つの対策って?

不眠症 対策

1. 毎朝同じ時間に起きる習慣を身につける

毎朝同じ時間に起きることを習慣づけると、身体のリズムが整って夜には自然に眠気が出てくるため、不眠症の対策にも役立ちます。

2. 快適な睡眠時間を探してみる

日中であっても、ご自身が心地よいと感じる眠気が訪れたのであれば、時間に捉われずにお昼寝をしてみるというのもひとつの方法です。

3. 太陽光を浴びる

毎朝同じ時間に起きて太陽光を浴びると、セロトニンというホルモンの分泌が多くなって精神安定効果を得ることが出来ます。また、起床時間から約14時間後に眠気が出てくるといわれていますので、夜の自然な入眠に役立ちます。

【関連記事】睡眠にセロトニンが働くメカニズム

4. 適度に運動を行う

適度な肉体的疲労は自然な眠気を誘発する材料となりますので、毎日少しずつでも軽く汗ばむ程度の運動を行ってみましょう。

5. ストレス回避

どのようなジャンルでもかまいませんので、ストレスを回避することが出来る趣味を見つけ、気分転換を行ってみましょう。

【関連記事】仕事ストレスで眠れない時の不眠症の原因と対処法

6. リラックスタイムをつくる

心身ともにリラックスできる時間をもつと、副交感神経の働きが優勢な状態となりますので、これが自然な睡眠につながります。

7. 飲酒は避ける

アルコールは眠気を誘いそうですが、実は逆。アルコールの力を借りて得た睡眠は眠りが浅く、翌日に疲れを残すことにもなり兼ねません。

【関連記事】アルコールが招く睡眠障害とは

8. 寝室を整える

まず、ご自身に合った寝具を選びましょう。また、室温や照明も大切ですので、暑過ぎず寒過ぎず、穏やかな照明で、入眠しやすい心地よい空間を作っておきましょう。

快眠のための環境づくりって?

不眠症の対策として有効なのが、寝室の整備です。

まず、ベッドや敷き布団は柔らかすぎず、横になったときの身体の沈みが2~3cmのものがおすすめです。また、枕が高すぎたり低すぎたりすると、姿勢が落ち着かず快眠を得ることができません。枕にはさまざまな種類がありますので、出来れば購入の際にいろいろと試してみるとよいでしょう。

掛け布団は吸湿性のよいものを選び、特に冬には身体が冷えない材質のものを選ぶようにします。

ノニジュースで快眠になれる?

ノニジュースには、セロトニンの分泌を助けるトリプトファンという成分が含まれているため、脳の興奮を鎮める作用があります。そして、これが副交感神経の働きを高め、不眠症の改善対策に役立ちます。

ノニジュースはわずかな摂取量で不眠症の改善効果を得ることができますので、1日1回、少量のノニジュースを飲むことを習慣にして、不眠症対策に役立ててみてはいかがでしょうか。

【関連記事】ノニジュースで不眠症対策ができる理由とは

まとめ

  • 些細な事から1つずつでも動物本来の原理に沿った生活のリズムを心がけてみる
  • ベットや敷き布団、自分に合った環境づくりをしてみる
  • 1日1回、少量でもノニジュースを飲むことを習慣化してみる