パニック障害で就職する場合のポイントと就職支援先の紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

精神疾患を持っているというだけで、日常生活のあらゆるシーンに於いて損をすることがあります。そして、日常生活に限らす、就職の際の障害となってしまうことも少なくはありません。パニック障害やうつ病などの精神疾患は、一昔前と比較した場合には世間の認知度も高まり、それに対する理解者も増えてきています。

その一方で、パニック障害やうつ病に対する理解度が弱く、真っ向からこれらの病気を否定する方がいるというのも、また事実です。

自分と向き合った就職活動が大切

パニック障害をお持ちの方の最大の悩み、それは就職の問題なのではないでしょうか?また、就職に伴う通勤方法に関しても不安があるのではないかと思います。

どのような仕事であれ、他人とのコミュニケーションを普通に行うことができるというのが必須条件ですし、また、ご自宅近くの会社ならいざ知らず、遠方の会社へ通勤するとなると、電車通勤を余儀なされるでしょう。

このようなときに顔を覗かせるのが、広場恐怖やパニック発作への不安ですね。

パニック障害をお持ちの方が就職活動を行う際には、この部分をしっかりと考慮して、なるべく少人数の会社を選ぶ、自転車や徒歩での通勤が可能な会社を選ぶ、あるいはご自宅で行うことのできる仕事を選ぶなどの工夫を行う必要があります。

【関連記事】広場恐怖の治療は何が有効?知っておきたい対処法とは
【関連記事】パニック障害で電車に乗れない人の為の対処法

理解をしない会社も、理解をしている会社もある

パニック障害やうつ病への理解度が高まる中、依然として存在しているのがこれらの病気を「怠け者の証拠」と捉えている人々です。

このような人はどこにでも存在しており、精神疾患患者を差別視して、平気で酷い言葉を投げかけてくることもあります。そして、パニック障害と聞いただけで、就職の面接さえ断ってくる場合もあります。

ですがその一方で、パニック障害やうつ病に対して深い理解を示し、これらの患者を温かく迎え入れようというという体制が整っている会社が存在していることも事実です。

薬で症状を抑える事は可能

パニック障害 就職
就職の際の面接では、まず、ご自身がパニック障害であることをきちんと相手に伝えましょう

また、パニック障害は薬の服用で症状を抑えることができるということも、合わせて伝えておきます。その上で、薬を服用すれば業務に支障をきたす心配はないという点もきちんと伝えておきましょう。

そして、パニック発作が起こったときの対処法を理解しているということ、万が一の際には席を外す可能性があることなども、嘘偽りなく話しておきましょう。

この部分はとても大切で、虚偽の内容を相手に伝えていると、いざパニック発作が起こったときに周囲に迷惑かけることになりますし、これが理由で解雇処分となる可能性もあります

隠す必要はありません。就職の面接では、ありのままのあなたで勝負に臨みましょう。

【関連記事】死を覚悟?数分間でできるパニック発作の対処法
【関連記事】パニック障害はうつ病の薬で治療?種類や効き目はここでチェック

パニック障害者の就職支援組織

パニック障害 就職
パニック障害をお持ちの方は、健常者と比べるとどうしても就職の面接では不利となります。それならば、はじめからパニック障害者の就職支援を行っている組織を介して就職活動を行ってみてはいかがでしょうか。

また、以下のサイトではパニック障害をお持ちの方の受け入れ体制がある会社情報が掲載されています。

これらのサイトに登録すれば、即座に仕事が見つかるということではありませんが、パニック障害をお持ちの方にとっては比較的ハードルが低い会社情報が掲載されていますので、ぜひ、あなたの就職活動にお役立て下さいね。

“捨てる神あれば拾う神あり”

このようなことわざもありますので、数社の面接で落とされたとしても、希望を捨てずに就職活動を継続して行って行きましょう!

【関連記事】ノニジュースでパニック障害克服?副作用を出さずに治す方法とは?

まとめ

  • パニック障害をお持ちの方が就職活動を行う際には、なるべく少人数の会社を選ぶ、自転車や徒歩での通勤が可能な会社を選ぶ、あるいはご自宅で行うことのできる仕事を選ぶなどの工夫を行う。
  • パニック障害やうつ病に対して深い理解を示し、温かく迎え入れようというという体制が整っている会社も存在する。
  • 就職の際の面接では、パニック障害であることをきちんと相手に伝える。
    虚偽の内容を相手に伝えていると、いざパニック発作が起こったときに周囲に迷惑かけることになり、この事が理由で解雇処分となる可能性もある。
  • パニック障害者の就職支援を行っている組織を介して就職活動を行ってみることも一つの方法。