うつ病の薬は副作用に注意!種類や効果をご紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

うつ病の治療方法のひとつに、抗うつ剤を服用するという方法があります。

今回は、抗うつ剤の種類や副作用、注意点などについてご紹介していきます。

抗うつ薬ってどんな薬?

うつ病は、なんらかの理由によって、神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンが減少することによって発症すると考えられています。

抗うつ剤とは、うつ病の症状が現れている人に対して処方される薬で、一時的に神経伝達物質を増加させてうつ症状である「無気力」や「憂鬱な気分」などを、改善させる役割を持っています。

また、うつ病の症状によっては、抗うつ剤とともに睡眠導入剤などが処方されることもあります。

【関連記事】ちゃんと把握してますか?抗うつ剤の効果と副作用

抗うつ薬の種類とは?

抗うつ剤は、大まかに以下のように分類されています。

三環系抗うつ剤

最も古い歴史を持つ種類の抗うつ剤で、セロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害して、増加させる働きを持ちます。

この種類の抗うつ剤は価格が安価であるというメリットを持っていますが、副作用が現れやすいというデメリットも持っています。

具体的な薬の名前

  • アナフラニール
  • トリプタノール
  • フラニール
  • ノリトレン

四環系抗うつ剤

三環系抗うつ剤よりも副作用が少ないといわれている抗うつ剤で、ノルアドレナリンを増加させる働きを持っています。

具体的な薬の名前

  • テトラミド
  • レスリン
  • デジレル

SSRI(選択的セロトニン取り込み阻害薬)

セロトニンの分泌を調整する働きを持っています。

具体的な薬の名前

  • ジェイゾロフト
  • レクサプロ
  • バキシル
  • デプロメール

SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン・再取り込み阻害薬)

セロトニンとノルアドレナリンの分泌を調整する働きを持っています。

具体的な薬の名前

  • サインバルダ
  • トレドミン

NaSSA(セロトニン・ノルアドレナリン作動性抗うつ薬)

セトロニンとノルアドレナリンの分泌量を増やしてうつ症状を緩和する働き持っています。

具体的な薬の名前

  • リフレックス
  • レメロン

【関連記事】セロトニンの効果に関する記事はこちら

スルピリド

うつ症状に対して即効性を期待することができます。

具体的な薬の名前

  • ドグマチール

副作用はある?

抗うつ剤の種類によっては、服用によって体重が増加することがあります。

また、抗うつ剤は全般的に眠気が現れやすく、口の渇き、便秘、下痢、めまい、吐き気、頭痛、食欲不振などの症状が現れることもあります。

【関連記事】副作用コワイ!うつ病の薬物治療を受ける前に知ってほしいこと

服用時の注意点

抗うつ剤は、服用開始から効果が現れるまでに数週間を要することがありますので、自己判断で服用を中止してしまわないことが大切です。

そして、副作用が現れても服用を中止しないこと、うつ症状が改善されても、医師の指示があるまでは継続して服用することが大切です。

また、抗うつ剤はアルコールとの飲み合わせが悪いため、飲酒して抗うつ剤服用した場合には、薬理効果が薄れてしまうこともありますので、抗うつ剤でうつ病の治療を行っている期間は、なるべく飲酒を控えましょう

【関連記事】うつ病に効果的なノニジュースに関する記事はこちら

まとめ

  • うつ病の症状によっては、抗うつ剤とともに睡眠導入剤などが処方されることもある。
  • 自己判断で服用を中止してしまわないことが大切。
  • 抗うつ剤でうつ病の治療を行っている期間は飲酒を控える。