パニック障害はうつ病の薬で治療?種類や効き目はここでチェック

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

一般的なパニック障害の治療法として挙げられるのは薬物の服用で、主に抗うつ剤の処方が多いと聞きます。

ですが、パニック障害の現れ方は人それぞれであるため、抗うつ剤だけではなく、抗不安薬の投与で治療が行われることも少なくありません。

それでは、パニック障害の治療に用いられる薬の種類にはどのようなものがあるのか、ご紹介していくことにしましょう。

抗うつ剤(SSRI)

私たちの体内では、脳内伝達物質であるセロトニンが分泌されていますが、うつ病やパニック障害などを発症する方の多くは、このセロトニンの分泌量が著しく減少していると考えられています。

そして、パニック障害に用いられる抗うつ剤は、セロトニンを増やす働きを持ち、パニック症状の緩和に役立ちます。なお、抗うつ剤には以下の種類があります。

  • フルボキサミン(ルホックス、デプロメール)
  • パロキセチン(パキシル)
  • セルトラリン(ジェイゾロフト)
  • エスシタロプラム(レクサプロ)

※( )内は製品名です。

抗うつ剤には即効性を求めることができず、服用開始から継続服用したとして、2週間~4週間前後で効果が現れ始めます

【関連記事】セロトニンに関する記事はコチラ
【関連記事】服用の仕方を間違えると体重が増加?うつ病の薬の副作用は意外とこわい

抗不安薬(安定剤)

一般的に、精神安定剤と呼ばれているのがこの薬で、抗うつ剤がセロトニンの分泌を増やすという特徴を持つのに対し、抗不安薬は即効性を持ち、その場で症状の改善に役立つという特徴を持っています。

抗不安薬の効果の現れ方には多少の差はあるものの、どの種類であっても、ほぼ15分を目途に、効果が現れてくるというメリットを持っています。具体的には、以下の薬が挙げられます。

  • ロラゼパム(ワイパックス)
  • アルムラゾラム(ソラナッス、コンスタン)
  • プロマゼパム(セルシン、ポリゾン)
  • クロチアゼパム(リーゼ)
  • エチゾラム(デパス)
  • ロフラゼプ酸エチル(メイラックス)

※( )内は製品名です。

これらの薬には即効性を期待することができますので、パニック発作に備えて常備しておくと便利ですね。

【関連記事】誰にでも可能性がある?パニック発作の原因とは?

その他の薬物

漢方薬によってパニック障害を治療する方法がありますが、漢方薬の最大の難点は、即効性を期待することができないという点にあります。

漢方薬はほぼ1カ月間の連続服用で効果を発揮すると考えられるため、今すぐにパニック発作を鎮めたいという方には不向きです。

また、長期に渡って服用し続ける必要がありますので、どちらかというと、パニック障害が快方に向かい、最後の仕上げとして服用するのが漢方薬であるという捉え方をしておくことが正解でしょう。

【関連記事】副作用に要注意!パニック障害の治療に漢方が取り入れられる理由
【関連記事】ノニジュースでパニック障害克服?副作用を出さずに治す方法とは?

まとめ

  • パニック障害に用いられる抗うつ剤は、セロトニンを増やす働きを持ち、パニック症状の緩和に役立つ。
  • 抗不安薬は即効性を持ち、その場で症状の改善に役立つ。
  • パニック障害が快方に向かい、最後の仕上げとして服用するのが漢方薬である。