ニキビ体質の改善には抗菌・殺菌作用成分の入ったノニジュース!

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

次から次へとできて行く厄介なニキビ。なかなか治らないニキビ体質の改善には、ノニジュースの飲用が効果的!

特に大人ニキビの場合では、ストレスなどによって起こるホルモンバランスの乱れが原因となって起こるケースが大半ですので、ノニジュースを飲むことがホルモンバランスの安定につながり、これが繰り返す頑固なニキビの改善につながります。

今回は、ノニジュースがニキビに効果的な理由や飲み方について、ご紹介します。

ノニジュースがニキビに効果的な理由

ノニジュースはニキビの改善に効果的であるといわれ、それは、ノニに含まれるモンデリンモリンドンという成分に秘密が隠されています。実は、これらの成分には抗菌・殺菌作用があるといわれ、継続的にノニジュースからこれらの成分を摂取して行くことにより、ニキビの原因菌であるコリネバクテリウムや黄色ブドウ球菌の繁殖を抑えることができると考えられているんです。

さらに、ノニにはビタミン類やミネラル類が豊富に含まれていますので、ホルモンバランスを整えてニキビができにくい体質に改善して行くことができます。

【関連記事】ノニジュースの効能はまさに奇跡!体内を若返らせる秘密とは

蕁麻疹が出てしまうケースも!?

ニキビを改善する目的で飲んだノニジュースで蕁麻疹が出てしまったら、かなりショックですよね。ですが、ノニジュースによる蕁麻疹は一過性のものですので、心配はいりません。というのは、これはノニジュースが身体の状態を正常な状態に整えるために起こる、好転反応という状態であると考えることができるからです。

好転反応は身体が良い状態へ向かって行く過程で起こる症状で、今まで体内に取り込まれたことのないノニの成分が急に入ってきたことによる、軽いショック状態が起こっていると捉えることができます。

ただし、蕁麻疹がいつまでも引かなかったり、悪化してしまったりするようであれば、ひとまずノニジュースの飲用を中止してみるか、専門医にノニジュースの飲み方を相談して、量を調節するなどの処置をとる必要性が出てくることもあります。

【関連記事】好転作用の症状

美肌になれる適量って?

どんなに身体に良いといわれているノニジュースであっても、過剰に摂取してしまえば身体が驚き、蕁麻疹だけではなく、下痢やおう吐などの症状が現れてくることも考えられます。

1日に摂取するノニジュースの適量は、およそ30mlが目安となっています。現在販売されているほとんどのノニジュースには、軽量キャップが付属品としてついています。ノニジュースは目分量で適当な量を飲むのではなく、軽量キャップで適正量を量り、過剰摂取にならないように飲みましょう。

また、軽量キャップがついていなかったのであれば、面倒でも計量スプーンを購入し、適正量を量って飲むようにします。ノニジュースは1回で大量に飲んだとしても、それによって大きな効果を得ることができるというものではありません。ノニジュースを飲む際には、1日の適正量である30mlを必ず守り、正しく飲むことが大切です。

【関連記事】ノニジュースの美味しい飲み方講座
【関連記事】ノニジュース効果比較ランキングBEST3!副作用も検証しました

まとめ

  • ノニにはモンデリンモリンドンという抗菌・殺菌作用の成分が含まれニキビに効果的。
  • ノニジュースによる蕁麻疹は一過性の好転反応。
  • ノニジュースは、1日の適正量である30mlを必ず守り、正しく飲むことが大切