ノニの選び方は産地が基準!効果を得たい人必見です

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ノニが健康増進に役立つらしい。こう聞くと、ノニそのものが育った環境や、産地の土壌などをまったく気にせずに製品を購入する方がいらっしゃいます。ですが、せっかくノニにお金をかけるのであれば、ノニが育った環境や産地の土壌にも目を向けないと、損をしてしまうことも考えられます。

というのは、それぞれのノニは、育った環境や土壌により、栄養価が全く異なっているからです。また、なにも考えずにノニ製品を購入してしまうと、アントラキノンという、配合されていては困る成分が混入していることもあります。

このようなことを避けるためには、こだわりを持ってノニ製品を選ぶことが大切です。

どんな産地のどんな土壌で育つノニがいいの?

では、どこに産地を持つノニなら安心なのでしょうか?

結論からお話しますと、サモア産のノニがおススメです。それでは、その理由について簡単にご説明させて頂くことにしましょう。

気候が大切

現在、主にノニが採取されている地域は熱帯地方または亜熱帯地方で、熱帯地方が1年間を通じてほぼ同じ気温であるのに対し、亜熱帯地方では外気温が高い季節と低い季節があります。

ノニの成長には強い紫外線が必要であり、この強い紫外線を長期間浴びたノニは、自らを守るためにその栄養価を高めていくと言われています。

つまり、熱帯地方にあるノニが優秀だといわれる理由は、1年を通じて高温多湿という特徴を持つサモア地域の気候にあるということです。

土壌も大事

そして、忘れてはならないのが土壌の条件です。

サモアの土壌は溶岩とサンゴによって形成されているところにあり、ミネラルが豊富です。ミネラルはノニの健やかな成長に必要不可欠な成分ですので、これらの条件をすべて満たしている、サモアのノニが優秀であるということがわかりますね。

【関連記事】偽物に気を付けて!ノニジュースの正しい選び方講座

天然と有機栽培の違いって?

天然ノニとは、人間の手が加えられることなく自力で自然の中に生息しているノニを指し、有機栽培ノニとは、一定の基準を満たした土地で、人間の管理下において栽培されたノニを指します。

では、これらにはどのような違いがあるのでしょうか?

それは、栄養価にあります。有機栽培ノニの場合では、人間がきっちりと管理した上で成長しますので、ノニの品質が一定に保たれるという特徴を持っています。

一方で天然ノニの場合では、有機栽培ノニと比較した場合に根の張りが大きいといわれ、大地からの栄養吸収能力が優れています。つまり、天然ノニのほうが、より高い栄養価を含むと考えることができるということです。

同じノニを摂取するのであれば、大地の恵みを十分に吸収した、天然ノニを試してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】ノニジュース効果比較ランキングBEST3!副作用も検証しました

まとめ

  • 1年を通し高温多湿でミネラル豊富な土壌で育つノニが最高
  • 有機栽培ノニは品質が一定に保たれるというメリットがありますが、より栄養価の高い天然ノニの方がおすすめ