ノニジュースは妊娠中に飲んでも安全?不妊症改善にも効果あり?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

妊娠期間は、妊娠超初期、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期に段階づけられ、妊娠中期以降では、赤ちゃんの各器官や心臓、脳はほぼ形成され、あとは妊娠後期に向けて、骨格や筋肉などがどんどん成長して行きます。

そして、この時期に必要な栄養素をきちんと摂取して行けば、赤ちゃんはスムーズに成長することができます。

ノニジュースは健康増進に役立ちますが、妊娠中に飲んでも問題はないのでしょうか?

今回は、妊娠期間のノニジュースの摂取について説明していきます。

ノニジュースは妊娠中に飲んでも大丈夫?

妊娠超初期や妊娠初期の段階では、着床したばかりの受精卵が細胞分裂を繰り返している段階であるため、口にする栄養素に対しては少々注意が必要です。

では、この時期にノニジュースを飲用することは可能なのでしょうか?

結論からお話しますと、妊娠超初期と妊娠初期の期間は赤ちゃんの状態が非常に不安定であるため、ノニジュースの飲用をおすすめすることはできません。

というのは、ノニジュースには未解明な部分もあり、赤ちゃんの細胞分裂に対してノニジュースがどのように作用するのかということについて、よくわかっていないからです。

【関連記事】妊娠中のストレスでパニック障害に?胎児の奇形率が上がる噂検証

いつ頃からなら飲んでいいの?

妊娠中にノニジュースを飲むのであれば、安定期に入るまで待ちましょう。安定期に入った赤ちゃんは、まだまだ細胞分裂を繰り返していますが、各器官や脳、心臓はほぼ形成されているため、今度は骨格や筋肉の成長のために多くの栄養素を必要とします。

そして、この段階でのノニジュースの飲用は、赤ちゃんの成長を助けるだけではなく、お母さんのホルモンバランスの安定にも役立ちます。また、良質なノニジュースの飲用は身体の循環機能を正常化させる働きを持っていますので、妊娠中の身体の冷えなどの改善効果も期待することができます。

ノニジュースを飲み始めるのであれば、妊娠超初期と妊娠初期は避け、安定期と呼ばれる妊娠中期に入ってからです。

不妊症には効果的?

ノニジュースにはビタミンやミネラル、アミノ酸をはじめとする栄養素がたっぷりと含まれています。そして、これらの栄養素をノニジュースから摂取して体内の栄養バランス整えておくと、ホルモンバランスが安定し、妊娠に適した身体作りに役立ちます。

つまり、妊娠の準備期間中にノニジュースを飲んでおくことによって、不妊症の改善効果が生まれ、自然な妊娠に導かれる可能性が高くなるということです。

また、ノニジュースには食物繊維もたっぷりと含まれていますので、もともと便秘気味の方の便秘改善効果も期待することができます。

このように、ノニジュースは不妊症の改善効果も期待することできますので、これから妊娠を予定している方は、この機会にノニジュースを飲んで、スムーズな妊娠効果を狙ってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】不妊症改善にノニを利用する時の注意点
【関連記事】不妊治療の平均費用と期間―実例ご紹介―
【関連記事】ノニジュースで便秘を効果的に改善できる理由

まとめ

  • ノニジュースは、妊娠超初期と妊娠初期は避ける。
  • 安定期と呼ばれる妊娠中期に入ってから飲むと、赤ちゃんやお母さんの体にも良い効果がある。
  • 妊娠の準備期間中にノニジュースを飲んでおくと、不妊症の改善効果も期待できる。