ノニジュースで副作用?それ実は好転反応かも!どんな症状が出る?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

ノニジューを飲み続けていると、予期していなかった身体の不調か訪れることがあり、これを好転反応と呼びます。好転反応とは東洋医学で用いられる言葉で、人間が本来持っている自然治癒力によって現れる、身体のさまざまな症状です。

では、好転反応はどのようにして表面に現れてくるのでしょうか?

またノニジュースの好転反応は、どのような症状がでるのか、併せて紹介します。

そもそも好転反応とは?

好転反応には、倦怠感や眠気、便秘や下痢、発汗、痛みや痒み、胃や腸の痛み、吐き気、動悸などのほか、じんましんや湿疹、目ヤニ、吹き出物、排泄物の増加などがあり、その症状の現れ方には個人差があります。

これらは体内の細胞の活性化によって起こる一時的な現象であり、これらの症状が落ち着くと、どんどん身体が健康な状態へと傾いて行きます。

また、アトピー性皮膚炎の方の場合では一時的に症状が重くなることがありますので、それがノニジュースによる好転反応であったとしても、症状があまりにも悪化するようであれば、かかりつけの医師に相談の上でノニジュースの飲用を一時中止するか、医師の指導のもとで飲用するようにしましょう。

【関連記事】ノニジュースの効能

ノニジュースを飲んだことで起こりうる症状

好転反応よって起こる症状はさまざまですが、ノニジュースによる好転反応の場合では、便秘や下痢、倦怠感、蕁麻疹や湿疹、痒みなどの症状が現れることが多いといわれています。

ノニジュースを飲み始めてからこのような症状が現れると、「ノニジュースが身体に合わなかった」と誤解してしまうことがあるかもしれません。ですが、これらの症状はノニジュースによる好転反応であると考えることができますので、なんらかの症状が現れた場合でも、根気よくノニジュースを飲み続けて行くことが大切です。

【関連記事】偽物に気を付けて!ノニジュースの正しい選び方講座
【関連記事】今すぐノニジュースは中止!副作用は内臓機能にとどまらない!?

ノニジュースで高カリウム血症に?

ノニジュースは健康増進を目的として飲みますが、特定の疾病をお持ちの方は、ノニジュースの飲用を控える必要があります。

その特定の疾病とは、慢性的な腎機能障害や肝機能障害です。ノニジュースには豊富な栄養素が含まれていますので、本来であれば私たちの健康増進に役立ちます。ですが、ノニにはカリウムが大量に含まれており、腎臓や肝臓に疾病をお持ちの方の場合では、そのカリウムが仇となって高カリウム血症を引き起こしてしまうことがあります

実際に、アメリカでは慢性腎臓障害の方がノニジュースを飲み続けた結果、高カリウム血症を引き起こしたという例がありますので、これらの疾病をお持ちの方は、ノニジュースの飲用はひとまず見合わせましょう。これらの疾病をお持ちの方がノニジュースの飲用を希望される場合には、必ず医師の見解を確認し、ノニジュース飲用の可否についても確認しておくことが大切です。

【関連記事】肝臓に良いノニは摂取量を守らないと肝臓への負担大!?
【関連記事】ノニジュースを始める前に必読!飲まない方がいい人とその理由

まとめ

  • 好転反応は、体内の細胞の活性化による一時的な現象。症状が落ち着くと、身体が健康な状態になる。
  • ノニジュースでは、便秘や下痢、倦怠感、蕁麻疹や湿疹、痒みなどの症状が現れることが多い。
  • 慢性的な腎機能障害や肝機能障害の方は、ノニジュース飲用前に医師に相談を。