うつ病を克服した人の体験談と克服するための3つの方法

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

うつ病と闘っている方は大勢存在しています。

それでは、彼らの声をヒントに、うつ病の克服について考えてみましょう。

うつ病を克服した人の体験談

うつ病克服の3つのキーワードとともに、見事に克服した先輩たちの声をご紹介します。

先生との信頼関係

2年前にかかったクリニックは、初診でも15分ほどでろくに話もしないうちに薬を処方され、不信感でいっぱいになり2度と行きませんでした。今回は入院病棟もあるよう、な精神科専門の大きい病院に行きました。行くのに抵抗があったけど時間をかけて話を聞いてもらえたし、はっきりと「あなたはうつ病です」と診断もされたので、きちんと治療をする決心もつきました。通い始めてまだ日が浅いので実感できるような効果はありませんが、治るまで続けようと思っています。(30歳女性)

引用元:UTU-NET

うつ病は心の病だけに、薬の服用だけではどうにもなりません。名医であれば、必ずあなたの話をじっくりと聞いてくれて、解決の糸口を見つけてくれるはずです。

【関連記事】うつ病を繰り返してしまう原因とは

周囲の理解

1回の診察に30分程度かけてもらえるため、ゆっくりと話ができて安心感があります。また、会社の産業精神科医に受診しており、医師から職場の上司に直接病状を話してもらうことができたおかげで、上司の「うつ病なんてさぼり病だ」といった考え方を修正してもらえました。(38歳男性)

引用元:UTU-NET

このように、あなた一人で悩むことなく、できるだけ多くの方にうつ病を認知してもらうことが大切です。

【関連記事】うつ病の人への適切な接し方

続けること

初診は3年以上前なのですが、本人に病気の自覚はなく、やっと1年程前から通うようになりました。生活が不規則で薬を飲むのがままならず、焦った時期もありましたが、先生が根気良く話してくださり、夕食後の薬だけはキチンと飲むようになりました。その結果、少しずつですが前向きになって来ました。まだまだ長い目で見ていかなければいけませんが、受診して良かったと思います。(48歳女性)

引用元:UTU-NET

長い目で…とご本人もおっしゃっていますが、うつ病の克服には長期間を必要とすることもありますので、とにかく諦めずに治療を続けることが大切です。

うつ病の克服のために大切なポイントとは?

うつ病であると診断されたら、心だけではなく身体の健康にも目を向けて、あなたの中で起こっている不具合をすべて見つけ出して治療に専念しましょう。自律神経失調症など、身体の不具合が災いしてうつ病を発症することも少なくはありません。

さらに大切なことは、心からうつ病を克服したいと願い、治療に臨むということです。周囲の方も理解を持ち、優しく気長に見守る心を持つことが大切です。

うつ病克服の方法

まず、信頼できる医師を探し出すこと。現実的に通うことが可能な場所に病院が位置していることも大切です。そして、一度処方された薬であれば、医師の指示に従ってきちんと服用しなければなりません。また、休息を取るということも、うつ病の治療の一端であると捉えなくてはなりません。

また、朝日を浴びる、セロトニンを作り出すトリプトファンを含む食品を積極的に摂取するなど、体内のセロトニンを増やすことも、うつ病の克服には必要です。

【関連記事】うつ病の病院の選び方~科の種類とそれぞれの特徴
【関連記事】うつのメカニズムとセロトニンの役割

まとめ

  • うつ秒克服のキーワードは、「先生との信頼関係」「周囲の理解」「続けること」。
  • 心だけではなく身体の健康にも目を向けてる。
  • 休息を取り、体内のセロトニンを増やす。