ノニの成分「ペクチン」は万能?便秘も糖尿病もすべて解決!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ペクチンとは、ノニジュースに含まれる成分のひとつです。

ペクチンは、脂質の消化吸収、コレステロール値上昇、血糖値の上昇を抑制してくれる働きを持つため、糖尿病予防に効果があります。他にも、疲労回復や便秘解消など様々に効果を発揮します。

具体的な成分・作用やオススメ食品などをご紹介します。

ペクチンとは

わかってはいても、なかなかうまく摂取することができないのが食物繊維です。

食物繊維は水溶性と不溶性に分類され、どちらも私たちの健康維持に必要な成分です。

今回ご紹介するのは、不溶性食物繊維に分類されるペクチンですが、このペクチンは、私たちの体内に取り込まれると、脂質の消化吸収の抑制コレステロール値上昇の抑制血糖値の上昇の抑制便秘や下痢の予防と改善、そして、疲労回復効果などの効果を発揮します。

ペクチンはおもに、リンゴやかんきつ類に含まれている成分で、ジャムのとろみ成分としてもよく知られていますね。また、ペクチンは果実の成熟度によって変化し、果実が未熟な状態では不溶性、成熟すると水溶性となります。

特に脂質の消化吸収の抑性やコレステロール値上昇の抑制、血糖値の上昇の抑性は、糖尿病予防にもつながります。以上のことから、私たちは日ごろから、努めてペクチンを摂取しておく必要があると考えることができますね。

【関連記事】ペクチンを含むノニの血糖値上昇抑制効果に関する記事はこちら
【関連記事】ノニの疲労回復効果に関する記事はこちら

ペクチンの効果

ペクチンにはコレステロール値を下げる働きを期待することがありますが、これは、ペクチンが食物に含まれているコレステロールの吸収を妨げる性質を持っているからです。

そして、生活習慣病ともいわれているⅡ型の糖尿病は、血中のコレステロール上昇だけではなく、血糖値の上昇も原因となって発症することがあります。ペクチンには、この血糖値の上昇を抑える働きがあり、インスリンの分泌量を低下させるため、糖尿病予防にも役立ちます。

そして、特に女性に多いといわれるのが便秘ですが、便秘の解消には食物繊維の摂取が必要不可欠。私たちの腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しており、食物繊維が不足すると悪玉菌が優勢となり、便秘を引き起こす原因となります。

食物繊維であるペクチンは腸内の善玉菌を増やす役割を持ち、腸内環境を整えてくれますので、腸内で穏やかに作用し、自然なお通じをもたらしてくれます。また、腸内環境が整えば食物からの栄養吸収がスムーズに行われるようになりますので、抜け毛予防や美肌作りにも役立つということがわかりますね。

【関連記事】ノニの便秘改善効果に関する記事はこちら

ペクチンを含む食品とおススメな人

それでは具体的に、ペクチンを含む食品、そしてペクチンを摂った方が良い方をご紹介したいと思います。

ペクチンを含む食品

  • リンゴ
  • かんきつ類
  • ノニジュース

ペクチンがおススメな人

  • コレステロール値が高い方
  • 肥満予防をしたい方
  • 糖尿病を予防したい方
  • 便秘を改善したい方

ペクチンはリンゴやかんきつ類に多く含まれていますので、食後のデザートにフルーツを摂取するというのが、持ってもお手軽にペクチンを摂取することができる方法です。

また、季節的にリンゴやかんきつ類の摂取が難しい、あるいはフルーツが苦手という場合には、ペクチンのサプリメントを上手に利用してみましょう。

特にコレステロール値が気になっている方は、今すぐにペクチン生活を始めて、糖尿病などをしっかりと予防してみて下さいね。

【関連記事】ノニジュースの効能はまさに奇跡!体内を若返らせる秘密とは
【関連記事】ノニジュースの口コミから分かるロイヤルゼリーに勝る3大効果

まとめ

  • ペクチンは体内に取り込まれると、脂質の消化吸収の抑制、コレステロール値上昇の抑制、血糖値の上昇の抑制、便秘や下痢の予防と改善、そして、疲労回復効果などの効果を発揮する。
  • ペクチンにはコレステロール値を下げる働きを期待することがあるが、これはペクチンが食物に含まれているコレステロールの吸収を妨げる性質を持っているから。
  • 便秘の解消には食物繊維の摂取が必要不可欠で、腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しており、食物繊維が不足すると悪玉菌が優勢となり、便秘を引き起こす原因にもなる。