睡眠薬を飲んでも効かない…不眠症が改善されない理由とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

不眠症改善のために睡眠薬を飲んでいるのに、一向に効かない。

このようなことが起こったら、まずはその原因を知る必要があります。

睡眠薬を飲んでも不眠症が改善されない理由

初めて睡眠薬を飲んだときのことを覚えていますか?そしてそのときには、まるで魔法にかかったようにすんなりと眠れたのではないでしょうか?

ですが、睡眠薬は長期に渡って飲み続けていると、だんだんと効かなくなり、やがて睡眠薬を飲んでも全く眠れなくなってしまうことがあります。

その理由は、

  • 睡眠薬に対する耐性が身体の中で作られつつある
  • 睡眠薬への精神的な依存が高くなり始めている

というものです。

まず、睡眠薬には向精神作用がある成分が含まれており、この成分が強制的に脳の中枢神経を麻痺させて、睡眠に誘導します。ところが、この成分を毎日のように体内に取り込んでいくうちに、その成分に対する身体の反応が鈍り、やがては効果がなくなってしまいます。このような状態は、睡眠薬への耐性ができてしまったと考えられ、その後も睡眠薬に頼るのであれば、さらに強い成分を配合した睡眠薬が必要になります。

そして怖いのが、精神的な睡眠薬への依存です。特にベンゾジアゼピン受動態作動薬(デパス、マイスリー、ハルシオンなど)の場合では、薬の効果が切れてくると、再度その薬を飲みたいという欲求が湧きあがり、薬を飲むまで落ち着かない状態になります。

このような依存の状態が続くと、一生睡眠薬を手放せなくなる危険性も生まれてきます。ご自身が睡眠薬依存症かもしれないと感じたのであれば、できる限り早い段階で専門医に相談して、薬物療法以外の治療を受けることをおすすめします。

【関連記事】常用量でも依存に陥る?!当たり前になると怖い睡眠薬依存とは?
【関連記事】睡眠薬には不眠症を治す効果はない?睡眠薬の種類と作用時間

睡眠薬に依存しない方法

まず、最初は辛いかもしれませんが、睡眠薬の服用量を思い切って減らしてみましょう。その上で、不眠症改善効果のあるサプリを飲んでみるとよいでしょう。

そしてもうひとつ、不眠症改善のための頼もしい味方が存在しています。

それは、ノニジュース

ノニジュースには、ビタミンやミネラル、アミノ酸などの成分がぎっしりと詰まっているため、普段の栄養補給にぜひ、おすすめしたい食品です。

【関連記事】ノニジュース効果比較ランキングBEST3!副作用も検証しました

そして、特筆すべきはノニジュース二含まれているトリプトファンという成分です。この成分が体内に取り込まれると、精神安定に必要不可欠なセロトニンの分泌が促され、自律神経のバランスが整います。

さらに、ノニジュースにはスコポレチンというリラックス成分も含まれていますので、これらの成分が互いに作用しあいながら、不眠症を穏やかに改善して行きます。

睡眠薬もいいのですが、睡眠薬には耐性や依存症の問題がつきまといますので、それらとは無縁のノニジュースで不眠症改善を目指すというのも、ひとつの方法ですね。

【関連記事】ノニの主要成分トリプトファンを詳しく解説!不眠解消パワーとは?
【関連記事】ノニ含有成分スコポレチン!血管若返り作用で高血圧も改善?

まとめ

  • 睡眠薬は長期に渡って飲み続けていると、だんだんと効かなくなり、やがて睡眠薬を飲んでも全く眠れなくなってしまうことがある。
  • 精神的な睡眠薬への依存状態が続くと、一生睡眠薬を手放せなくなる危険性も生まれる。
  • 睡眠薬には耐性や依存症の問題がつきまとうため、それらとは無縁のノニジュースで不眠症改善を目指すというのも、ひとつの方法。