妊娠中のストレスでパニック障害に?胎児の奇形率が上がる噂検証

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

女性にとって、妊娠・出産はとても大きなライフイベントです。また、妊娠中には、心と身体にさまざまな変化が現れ、心身ともに不安定な状態になることもあり、”マタニティ・ブルー”という言葉で表現されることがあります。

そして、このような不安定な状態は自然に改善されて行くといわれていますが、なかにはパニック障害などの精神疾患に発展してしまうケースもあるようです。

パニック発作を起こしても出産は可能なのか、妊娠中の治療についてご紹介します。

妊娠中におけるパニック障害の発症・悪化率

特に初産の方の場合では、初めて母親になるという大きな不安や、無事に元気な赤ちゃんを出産しなければならないというプレッシャーで精神が不安定になることがあります。とりわけ妊娠初期には急激なホルモンバランスの乱れが起こりやすく、それによって感情の起伏が激しくなることもあります。

さらに、妊娠初期にはつわりの症状が現れることが多く、これが憂鬱な気分に拍車をかけてしまうことも少なくはありません。

そして、このような心と身体の状態において発症しやすいのがパニック障害です。

パニック障害はストレスが原因で発症すると考えられ、妊娠中の場合では不安やプレッシャーがストレスとなり、パニック障害を発症しやすい環境が整うということになります。

また、既にパニック障害を発症している方が妊娠した場合では、あまり大きなストレスがかかり過ぎると、パニック障害の症状が悪化することがあります

パニック障害でも出産可能か?

パニック障害そのものが出産に悪影響を与える心配はありませんので、この部分についてはあまりよけいなことを考えないことがベスト。

もしもパニック障害が出産に与える悪影響を考えるのであれば、それは妊娠中の薬物投与です。

【関連記事】薬なしでパニック障害を克服する方法ってどんなもの?

妊娠中のパニック障害の治療について

パニック障害を発症すると、SSRIをはじめとする薬の投与が行われ、この中には胎児に影響を与える可能性がある薬も存在しています。そしてこのような薬は、素人では安全かどうかの見分けがつきませんので、必ず専門医に相談し、胎児に悪影響を与える心配のない薬を処方してもらうことが大切です。

特に胎児の器官が形成される妊娠初期には、確実に避けなければならない薬もありますので、十分に注意しなければなりません。

パニック障害 妊娠
引用元:医学と学ぶ心のサプリ

妊娠中に避けなければならない薬には、炭酸リチウム(商品名リーマス)、バルプロ酸(商品名デパケン)、カルパマゼピン(商品名テグレトール)などがあり、妊娠中の方がこれらの薬を服用して、奇形の赤ちゃんが生まれてきたという例は実際にあります。

【関連記事】ノニジュースでパニック障害克服?副作用を出さずに治す方法とは?

パニック障害者が妊娠すると奇形率が高くなる?

パニック障害だからといって、妊娠すれば奇形率が高くなるのかといえばそのようなことはなく、服用する薬の種類に注意を払いさえすれば、胎児が奇形になる心配はまずありません

上記では、妊娠中に避けなければならない薬をご紹介していますが、心療内科や精神科、婦人科では、あなたが妊娠していることがわかっていれば、このような薬を処方することはありません。

現在までに、パニック障害を抱えた多くの女性が無事に出産を終えていますが、パニック障害の治療薬の服用で奇形児が生まれてきたという例はありませんので、よけいなことを考えて、わざわざ不安を大きく膨らませる必要はありません。

そして、最も大切なことは、妊娠中だからといって無理にパニック障害を改善しようと考えないということです。ただでさえ、妊娠中に現れる心と身体の変化はストレスになりますので、パニック障害の改善よりも、まずはいかにリラックスして過ごすか?という部分に力を入れてみましょう。

また、出産前に歯の治療を終えておく、あるいは美容院で髪を整えておくという方は多いのではないかと思いますが、歯科や美容院はストレスを感じやすく、パニック障害が起こりやすい空間です。

つまり、このような場所への出入りはできる限り避けることがベストであるということですが、どうしても行かなくてはならないのであれば、あなた一人ではなく、パートナーやご家族の方に付き添ってもらうようにしましょう。

【関連記事】パニック障害を熟知した名医のいる病院って?
【関連記事】パニック障害は治る!完治するためのコツ、ご紹介します

まとめ

  • パニック障害はストレスが原因で発症すると考えられ、妊娠中の場合では不安やプレッシャーがストレスとなり、パニック障害を発症しやすい環境が整うということになる。
  • パニック障害そのものが出産に悪影響を与える心配はなく、この部分についてはあまりよけいなことを考えないことがベスト。
  • 胎児の器官が形成される妊娠初期には、確実に避けなければならない薬もありますので、十分に注意しなければならない。
  • 妊娠すれば奇形率が高くなるのかといえばそのようなことはなく、服用する薬の種類に注意を払いさえすれば、胎児が奇形になる心配はまずない。
    最も大切なことは、妊娠中だからといって無理にパニック障害を改善しようと考えないということ。