パニック障害の再発率50%?!予防するための対策とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

パニック障害やうつ病は、再発率が高い病気であると考えられ、完治後1年以内に再発する確率は低といわれていますが、10年、20年の時を経て再発することがあります。

再発防止の方法や、パニック障害の症状緩和に良いと話題のノニジュースについてまとめてみました。

再発する可能性は?

パニック障害は心の病であるため、完治したとしても、当初にパニック障害を発症したときと似たような状況に身を置いた場合では、それがきっかけとなって再発する可能性は十分に考えられます。たとえば、次のようなデータがあります。

パニック障害完治後に、

  • とりあえず健康を維持している … 約30~40%
  • 再発・以前よりも低度が軽い … 約50%
  • 再発。以前と同程度または悪化 … 約10~20%

このデータを見る限りでは、約半数の方が再発しているのがわかります。

つまり、完治しても再発しやすいのがパニック障害であるということですね。

再発しないための方法とは?

まず、気持ちをゆったりと構えることです。たとえば、パニック障害の原因が人間関係によるストレスだったとし、休養を得て職場復活することになったとします。

このときに、「また嫌な人がいたらどうしよう?」、「人間関係が上手く行かなかったらどうしよう?」という不安が先行してしまうと、再発しなくてもよいパニック障害が再発してしまうことも考えられますね。

そして、ここで考えて頂きたいことがあります。このように先行する不安、あなたは以前に経験してはいなかったでしょうか?

そうです、パニック障害のときに起こった予期不安とそっくりですよね?

このように、まだ起こってもいないことに対して不安の気持ちを抱いてしまっていたのでは、パニック障害を自ら引き寄せていることとなんら変わりありません。

職場に多少ウマが合わない人がいたとしても、それはそれでなんとかなります。よけいな不安は、この際心の中から追い出しておきましょう。あなたの思考パターンが変われば、パニック障害再発の可能性はかなり低くなります。

そして、薬はきちんと飲み続けましょう。医師から完治を告げられたのに、なぜ薬を飲み続けなければならないの?という不満が心の中に湧き上がってきたとしても、それはパニック障害の再発予防のために処方されている薬ですので、もうしばらくの間は予防薬という捉え方で服用を続けましょう。

また、ストレスとパニック障害は密接な関係にありますので、ストレスを溜めこまない工夫も大切です。たとえば、週1回美味しいものを食べに行くとか、フィットネスで汗を流してみる、など。

少しウォーキングを行うだけでも、ストレスの軽減に役立ちますよ。

【関連記事】50%以上の人がパニック障害を再発する?再発防止の為にできること
【関連記事】過度な心配性って病気なの?予期不安の症状って?

ノニがパニック障害に効くらしい?

パニック障害 再発
パニック障害の原因のひとつに、脳内伝達物質であるセロトニンの減少が挙げられています。

ノニにはトリプトファンという成分が含まれており、これがセロトニンの分泌を促しますので、パニック障害の予防や改善に役立つといわれています。

さらに、ノニに含まれているスコポチレンという成分には心を安定させて動悸や息切れ予防の改善効果を期待することができますので、パニック障害でお悩みの方や、再発が怖いという方は、お手軽に摂取することができるノニジュースの摂取がおススメです。

また、ノニジュースを飲むことによって「これを飲んでいるんだからパニック障害は起こらない」と捉えることができれば、予期不安やパニック発作が起こる確率も低くなると考えることができますね。

さらに、ノニには更年期障害の諸症状の緩和や、美肌効果も期待することができます。

ノニは決して美味しい食品ではありませんが、パニック障害の予防や改善、アンチエイジング対策、美肌作りにご興味のある方は、この機会にノニジュースを飲み始めてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】ノニジュースでパニック障害克服?副作用を出さずに治す方法とは?
【関連記事】ノニジュースの美肌効果はどれくらい?有名人も愛用する理由とは

まとめ

  • 医師から完治したと告げられた後も約半数の人が再発しているというデータがある。
  • 予期不安を抱かないよう思考パターンを変え、ストレス発散を心がける。
  • スコポチレンが含まれたノニジュースで改善効果を期待してみる。