睡眠薬とアルコール併用は危険!日常生活に支障をきたす恐れも!

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

眠れずに睡眠薬を服用する際、効果が上がるかと、お酒と一緒に飲んでいませんか?

アルコールと薬の併用はよくありません。特に睡眠薬とアルコールの併用はさまざまな弊害を引き起こす可能性があります。

今回は併用の危険性について、ご説明します。正しい服用で、良い睡眠が出来るようにしていきましょう。

睡眠導入剤とアルコールを併用してはいけない理由は?

では、睡眠導入剤とアルコールの併用による弊害とは、具体的に見ていきます。

睡眠作用が強くなりすぎる

睡眠薬は数種類の系統に分類されており、その中のひとつにベンゾジアゼビン系の睡眠薬があります。この系統に分類される睡眠薬の特徴は、比較的強い作用をするという点にありますが、実は、アルコールはベンゾジアゼビン系と同じような作用があるんです。

つまり、睡眠薬とアルコールを併用することにより相乗作用が強くなり過ぎる恐れがあるということです。

具体的な症状としては、翌日のふらつきや眠気などがあり、日常生活に支障をきたしてしまう恐れもあります。

【関連記事】お酒との併用で記憶障害も!?飲む前に知っておきたい睡眠薬の副作用

耐性や依存性が形成されやすくなる

睡眠薬もそうですが、アルコールを長期に渡って飲み続けていると耐性がつき、少量のアルコールで酔わなくなったり、アルコールが切れると飲まずにはいられないといった依存の症状が現れてきます。

そして、睡眠薬とアルコールを併用した場合では、睡眠薬に対しても耐性がつきやすくなり、依存に陥りやすくなります。こうなってしまうと、どちらか一方を中止したとしても、症状がなかなか改善されない事態に陥る可能性が高くなります。

【関連記事】常用量でも依存に陥る?!当たり前になると怖い睡眠薬依存とは?

不眠症の治療に支障をきたす

不眠症の治療は、医師が患者さんの状態を細かく観察しながら行われるものですが、患者さんが睡眠薬とアルコールを併用してしまうと血中濃度が高まり、医師が正しい判断を下すことができなくなってしまうことがあります。それにより、不眠症を改善することが難しくなるだけではなく、呼吸困難など、不眠症とはまた別の症状が現れることもあります。

肝臓にかかる負担が大きい

ご存じの通り、アルコールは肝臓で分解・代謝されますが、肝臓の機能が弱っているとうまく分解・代謝することができなくなり、翌日になってもアルコールが体内に残っていることがあります。そして、睡眠薬もまた、肝臓で分解・代謝されますが、アルコールを併用することによって肝臓には二重の負担がかかることになり、肝臓の機能がどんどん低下してしまう可能性が広がります。

肝臓は”沈黙の臓器”と呼ばれているだけに、症状が現れたときにはすでに肝機能がかなり弱っている状態で、やがては肝硬変など重症度が高い疾病にまで発展してしまうことも考えられます。

このように、睡眠薬とアルコール併用は大変危険ですので、睡眠薬を服用したのであれば、アルコールの摂取は控えることが大切です。

【関連記事】眠れないから一杯?逆効果かも!アルコールが招く睡眠障害とは
【関連記事】ノニの成分「クエン酸」で疲労回復!肝機能にも効果的な理由とは

まとめ

  • 睡眠導入剤とアルコールの併用は、薬が効きすぎたり、依存や治療への支障、肝臓の負担がある。
  • 不眠症とはまた別の症状が現れることもある。
  • 睡眠薬とアルコール併用は大変危険なこと。睡眠薬を服用した時は、アルコールは控える。