ノニに含まれるセロトニンがうつ病を改善?脳への作用解明!

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

セロトニンとは、ノニジュースに含まれる成分のひとつです。

セロトニンは、トリプトファンという成分を多く含み、精神安定の効果を持っているため、うつ病などに有効な成分として知られています。

具体的な成分・作用やオススメ食品などをご紹介します。

セロトニンってどんな成分なの?

最近、些細なことでイライラするようになったという方、それはもしかすると、体内のある物質が不足しているのかもしれません。

イライラを鎮めるためにはカルシウムの摂取が効果的。これはとても有名な話で、確かにカルシウムにはイライラを鎮める作用があります。

そしてもうひとつ、セロトニンというホルモンも、イライラやうつ症状を和らげるといわれ、このホルモンの分泌が足りない場合には、ネガティブ思考に悩まされたり、イライラ感に襲われたりすることがあります。

つまり、セロトニンはストレスを和らげ、精神の安定を保つために大切なホルモンであるということですね。

セロトニンを増やすためには、朝日を浴びるのが有効であるといわれていますが、セロトニンを増やす食事を摂取することも大切。

セロトニンを増やす代表的な食品には、ノニ、マグロやカツオ、アーモンドなどがあり、これらの食品はセロトニンの分泌と大きな関わりを持つ、トリプトファンという成分を多く含んでいます。

【関連記事】トリプトファンに関する記事はコチラ

何に対して効果があるの?

脳内伝達物質として活躍するセロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンなどの働きを抑え、精神安定の効果を持っています。

私たちの脳からは、深い悲しみや激しい怒りを感じたとき、ノルアドレナリンやドーパミンという物質が大量に分泌されます。これらの物質が野放しに分泌され続けると、いつまでも悲しみや怒りの感情が治まらず、気分が不安定な状態が続きます。

そこで、役立つ物質こそセロトニンです。それらの働きを抑えるセロトニンは、精神の安定になくてはならない物質であるということですね。

しかし、セロトニンに期待することができる効果はこれだけではありません。

たとえば、自律神経系統の調整です。自律神経には交感神経と副交感神経があり、これらのバランスが崩れると、血圧異常、代謝異常、動悸・息切れ、めまいといった症状が現れやすくなります

特に女性の場合では、更年期の年齢に差し掛かると、自律神経系統のバランスが崩れやすく、心と身体の健康を害してしまうことがあると考えられています。そのようなことにならないためにも、普段からセロトニンを増やす努力を行っておくことが大切ですね。

【関連記事】ノニジュースで生活習慣病改善!脂肪分解のメカニズムご紹介
【関連記事】ノニは高血圧改善効果あり?秘密は複数の成分にあった!

セロトニンを増やす食品とおススメな人

セロトニン
それでは具体的に、セロトニンを含む食品、そしてセロトニンを摂った方が良い方をご紹介したいと思います。

セロトニンを増やす食品

  • ノニジュース
  • マグロ
  • カツオ
  • アーモンド
  • 乳製品
  • 大豆製品
  • 牛レバー
  • ゴマ

セロトニンを増やすべき人とは?

  • 精神が不安定で、うつ症状が現れている方
  • すぐにイライラする方
  • 自律神経系統のバランスを整えたい方

セロトニンを増やすためには、ノニをはじめとする食品の摂取ももちろん大切です。

しかし、朝日を浴びたり適度な運動を行ったりすることも、セロトニン分泌に貢献してくれます。

食品の摂取とともに、できる限り規則正しい生活と適度な運動を心がけ、セロトニンを増やしましょう。

【関連記事】うつ病発症の原因は不明なのにノニジュースが効果的な理由はコレ
【関連記事】うつ病が心配な方の為のチェックシートはこちら

まとめ

  • 些細な事でイライラするのはセロトニン不足が原因かも?
  • セロトニンが不足すると精神が不安定になったり自律神経の乱れにより疾患を引き起こす可能性も
  • ノニなどの効果的な食品を摂り入れたり朝日を浴びたりしてセロトニンを増やしておくことが健康の鍵