周囲の理解とサポートが重要!うつ病の再発防止策4つ

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

うつ病は医師のGOサインが出るまで完治したといえず、自己判断で無理をしてしまったが為に、辛い状態へ引き戻されてしまうこともあります。

うつ病は、再発する可能性のある病気ですが、予防によって避けて通ることもできます。

うつ病の再発防止の方法とは?

どうして再発してしまうの?

うつ病を発症するからには、必ずなんらかの理由があります。そして、完治に導くためには、まず、その原因を取り除くことが最大の課題となります。ところが、さまざまな理由によって、その根本原因を取り除くことができなかった場合には、再発する可能性が潜んでいます。

また、はっきりとした原因を特定できないままでいた場合にも、再発する可能性があると考えられています。そして、表面上完治したかのように見えると、今度は職場復帰などの意欲が湧き、無理をしてしまうこともあるでしょう。ですが、ここが落とし穴といえます。

【関連記事】うつ病の再発率は60%!再発の兆候とするべき事とは?
【関連記事】初期段階での対策が重要!うつになりやすい4つのストレスパターン

うつ病の再発防止策

うつ病の再発を予防するためには、以下の4つ事柄を実行しましょう。

薬の服用を継続する

自己判断で薬の服用を中止してしまうと再発率が高くなります。医師に指示が出されている以上、勝手に薬の服用を打ち切ってしまっては危険です。症状か現れなくなっても、必ず薬は服用し続けましょう

睡眠リズムを保つ

うつは睡眠と深い関わりを持つと言われ、不眠が長引くとうつ病を再発する可能性が高まります。睡眠時間を確保し、できる限り睡眠リズムを整えることがうつ病再発の予防につながります。

【関連記事】うつ病の人は不眠症に要注意!うつと不眠は連動してる?!

思考パターンを変化させる

真面目すぎて融通が利かない考え方が、うつ病を再発させることになる可能性がありますので、うつ病を発症する以前よりも、楽な物の考え方ができるように訓練してみましょう。思考パターンに変化を持たせる努力を行うことも、うつ病の再発予防に役立ちます。

周囲のサポートに頼る

うつ病は、周囲の理解とサポートがなければ完治が難しいと考えられています。そのためには、ご家族の協力はもちろんのこと、職場の方々からもサポートしてもらう必要があります。たとえば、家事はご家族に分担してもらう、職場ではできるだけ負担が少ない仕事から始めてみるなど、甘えるべきところは甘えて、なにもかもあなた一人で背負いこまないように注意しましょう。

既に周囲の方もあなたの状態を理解しているはずですし、あなたが素直にサポートを受ける姿勢を見せれば、周囲の方々はきっと、優しく手を差し伸べてくれるはずですよ。

【関連記事】うつ病を克服した人の体験談と克服するための3つの方法
【関連記事】うつ病の人への適切な接し方

まとめ

  • うつ病を再発させないために、睡眠時間の確保や思考の変化などを意識する。
  • 薬の服用は、医師の指示に従い自分の判断で止めない。
  • 一人で背負いこまず、囲の理解とサポートをお願いする。