パニック障害の治療期間は早期発見でも3か月以上かかる?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

たとえば骨折した場合では、レントゲンによってどの程度快方に向かっているのかすぐに確認することができ、骨と骨を合わせた部分がひとつに組織化されていれば、そこで完治ということになります。

ところがパニック障害の場合では、心の病であるためレントゲンで確認するというわけには行きません。それだけに、いったん治療が始まって一時的に調子がよくなると、自己判断によって薬の服用を中断してしまう方がいます。

ですが、これがパニック障害の治療に於いて、最もとってはいけない行動です。

パニック障害の治療方法

パニック障害であると医師が判断した段階で、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、そして、ベンゾジアゼピン系の抗不安剤の投与での治療が開始されます。

これらの薬の投与は、パニック障害の中でも患者が大きな恐怖を覚えるパニック発作の抑性を主な目的として行われます。

また、SSRIは非常に緩やかに作用するという特徴を持っているため、十分な効果得るためには2~4週間程度の期間を必要とします。ですが、これだけでは、その2~4週間の間にパニック発作が起こることも考えられ、パニック発作の予防策としては不十分です。

そこで、即効性のあるベンゾジアゼピン系の抗不安剤を同時服用することにより、今すぐにでも起こるかもしれないパニック発作に対応する準備を行っておくということです。

一部では、このようなベンゾジアゼピン系の抗不安剤は依存状態を引き起こす原因となるという声も挙がっているようですが、この薬は、医師の指示に従って正しく服用していれば異存状態になることはまずありませんので、安心して下さいね。

【関連記事】パニック発作の治療とは?薬の飲み始め、増量時には要注意
【関連記事】パニック障害はうつ病の薬で治療?種類や効き目はここでチェック

治療期間はどれくらい?

どのような病気でも同様ですが、早期発見・早期治療を心がければ、早い段階で完治させることも可能です。

ですが、パニック障害は患者さんご本人でも気付くことができないまま放置されることが多く、専門医を訪れた段階で、すでに症状がかなり進行してしまっているという例もあります。

つまり、どれくらいの期間治療を受ければ完治するのか?という部分に於いては、個人差によってバラバラであるということです。

また、パニック障害だと気付くのが早く、直ちに治療を開始した場合では3カ月程度で完治することもありますが、パニック障害をこじらせているうちに、今度はうつ病にまで発展してしまって、治療が長引くというケースも少なくはありません。

大切なことは、治療にとれくらいの期間を必要とするのか?という部分ではなく、どれだけ早くパニック障害に気付いて治療を開始することできるのか?という部分です。

おかしいな…と感じたのであれば、まずは専門医に相談し、パニック障害に有効な治療を開始しましょう。

【関連記事】パニック障害は治る!完治するためのコツ、ご紹介します
【関連記事】その症状パニック障害予備軍かも?チェックリストですぐ確認

勝手な自己判断が治療期間を延ばす?

パニック障害の治療に用いられる薬はどれも非常に優秀で、医師の指示に従って正しく服用していれば、早い方で1~2カ月後に、パニック発作をはじめとするパニック障害の症状が現れなくなることも珍しくありません。

ですが、ここに大きな落とし穴が隠されています。

それは、症状が現れなくなった=病気が完治したということではないということです。

パニック障害の治療薬を服用し続けて心身ともに調子を取り戻してくると、対人や一人での外出に対する恐怖心が薄れ、この段階で完治したと早合点してしまう方がいますが、それは間違いです。ここで万が一薬の服用を中止した場合では、高い確率で再発の恐怖に見舞われることになります。

治療中に調子がよくなったとしても、医師の指示があるまでは薬の服用を続け、あなたを苦しめているパニック障害を丸ごと追い出すことに専念しましょう。

それには、自己判断で薬の服用を中止してしまわないことがなによりも大切です。

また、薬と併行して、SSRIに含まれる成分と同じセロトニンが含まれる、ノニジュースを飲んでみるのもおすすめです。

ノニは自然界の食品ですので、副作用の心配もなく安心して飲めます。セロトニンという成分は、脳の休息を促す成分と言われ、体内では作り出すことができません。そのため、外部から摂取してあげることによって精神を安定させることが可能になります。

薬は、医師の指示のもと、決まった量しか飲めませんし、不安が強い時にはこうした自然の食品に頼ってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】ノニジュースでパニック障害克服?副作用を出さずに治す方法とは?
【関連記事】パニック障害の再発率50%?!予防するための対策とは?

まとめ

  • SSRIは非常に緩やかに作用するという特徴を持っているため、十分な効果得るためには2~4週間程度の期間を必要とするが、これだけでは予防策としては不十分で即効性のあるベンゾジアゼピン系の抗不安剤を同時服用することにより、今すぐにでも起こるかもしれないパニック発作に対応する準備を行っておく。
  • パニック障害だと気付くのが早く、直ちに治療を開始した場合では3カ月程度で完治することもあるが、パニック障害をこじらせているうちに、今度はうつ病にまで発展してしまって、治療が長引くというケースも少なくない。
  • 医師の指示に従って正しく服用していれば、早い方で1~2カ月後に、パニック発作をはじめとするパニック障害の症状が現れなくなることも珍しくない。