睡眠薬5つの種類と効果とは?市販薬と病院処方薬の違い

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

眠れない夜が続くと、体の疲れが抜けず、精神的にもまいってしまいますよね。

睡眠薬を使用したくても、少し抵抗がある方もいらっしゃると思います。

睡眠薬は数種類に分類され、それぞれに異なった特徴を持っています。

それでは、睡眠薬の種類ついてご紹介します。

睡眠薬の種類と効果

睡眠薬は、以下の種類に大別されています。

ハルビツール酸系

最も依存性が高いといわれ、長期に渡って服用していると、耐性がついて効果が薄れることがあります。

この睡眠薬は呼吸抑制や不整脈など、生命維持を脅かす症状が現れる可能性があることから、現在ではほとんど処方されることがなくなりました。

ベンゾジアゼピン系

作用する部分が大脳辺縁系に限られた睡眠薬で、ハルビツール酸系睡眠薬よりも依存性が低いという特徴を持っています。

この種類の睡眠薬は超短時間型~長時間型まであり、個々の症状に応じた睡眠薬が医師によって処方されます。筋弛緩作用を含む睡眠薬が多く、特に高齢者への投与は慎重に行う必要があります

【関連記事】睡眠薬を飲んでも効かない…不眠症が改善されない理由とは?

非ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系睡眠薬が改良された睡眠薬で、筋弛緩作用が弱いという特徴を持っています。

この睡眠薬は超短時間型に限られていますので、入眠障害でお悩みの方に適していると考えられます。

【関連記事】こんなに違う!睡眠薬の種類と強さ

メラトニン受容体作動薬

私たちの脳の視床下部という部分からは、精神の安定を司るメラトニンというホルモンが分泌されます。そして、メラトニン受容体を刺激するのがこのタイプの睡眠薬で、自然に眠気を起こさせることによって睡眠障害を改善することができるという特徴持っています。また、副作用が少ないため、その安全性は高いと考えられています。

オレキシン受容体拮抗薬

脳からはオレキシンという物質が分泌されていますが、この物質には脳の覚醒作用があるため、分泌量が多い場合には不眠が起こることがあります。そして、このオレキシンの働きを抑えるのがオレキシン受容体拮抗薬であるということです。依存性が弱いというメリットを持っていますが、服用する方の体質によっては効果が現れないこともあります。

【関連記事】睡眠薬5つの種類とその違い

通販や薬局で販売されている睡眠薬の成分

通販やドラッグストアなどで販売されている睡眠薬には、主として以下の成分が配合されています。

  • ジフェンドラミン塩酸塩
    風邪薬などにも配合されている成分で、ヒスタミンを抑性する働きがあるため、服用すると眠気を感じるようになります。
  • ブロムワレリル尿素
    抗不安作用を持つ成分で、ストレスなどによる不眠の症状和らげます。
  • アリルイソプロピルアセチル尿素
    この成分もまた、ブロムワレリル尿素と同様の抗不安作用を持っています。
  • 生薬
    カンゾウ、チョウトコウなどの生薬が配合されている漢方で睡眠を促します。

【関連記事】不眠症は漢方で改善!不眠以外の諸症状にも効果抜群?

市販薬は病院処方の薬より効果が弱い

通販やドラッグストアで市販されている種類の睡眠薬は、医師の処方なしで購入することができますので、全般的に病院処方の睡眠薬よりも効果が弱いという特徴を持っています。これらの市販薬で睡眠効果を得ることができないのであれば、医師に相談して適切な睡眠薬の処方を受ける必要があるでしょう。

【関連記事】睡眠薬を処方してもらう時、診察は必要?

まとめ

  • 睡眠薬には大きく分けて5種類あり、それぞれに効果や依存性など違いがある。
  • 通販やドラッグストアで市販されている睡眠薬は、病院処方のものよりも効果が弱い。
  • 市販薬で睡眠効果を得ることができない時は、医師に相談してましょう。